ブラジャーの正しいつけ方は?つけ方を間違えると意味がない!?

tukekata

 

    Q:ブラジャーに正しいつけ方なんてあるんですか?

あなたに合うブラジャーを見つけたら、正しいつけ方をしないとつけている意味がないくらいです(`・ω・´)!

ブラジャーの正しいつけ方は?

あなたの体に合ったサイズや形のブラジャーが見つかったら、今度は正しいつけ方でブラジャーを付けてください。

そうしないと、あなたのバストが健やかにアップできないからです。

バストはほとんどが脂肪で、脂肪は流動的です。

だから、脇や背中、あと下の方に流れていってしまうんですね(´・ω・`)

あなたのバストもすでに流れてしまった脂肪もあると思います。

それをしっかりかき集めて、ブラジャーの中にしまい、脂肪に「バストの一部!」ということを教えないといけません。

ということで、ブラジャーの正しいつけ方をご紹介します(^^)

 

まずブラジャーの肩紐を通して後ろのホックをしない状態からスタートですΣb( `・ω・´)グッ

 

1、ブラジャーのカップの下の部分と、胸のふくらみの一番下(バージスライン)の位置をしっかりと合わせます。

※上半身を倒して前かがみの状態で合わせます。

2、後ろに手をまわしてホックをします。

※この時、3段階あるホックのうちで一番ちょうどいいところにホックをします。

3、脇や背中に流れた脂肪をブラジャーの中にしまいます。

※ここは真剣に脂肪をかき集めてください!

4、肩紐の長さを調節します。

※ひもが長くてカップが下に下がりがちなので、ぐっと上にあげましょう!

5、ブラジャーの後ろを下げます。

※ブラジャーの背中のベルトが肩甲骨の下になる様引き下げます。

これで完成!!

あなたの胸から流れていた脂肪も、バストの中にしまえましたね♪

でも、どうしても動いているとブラジャーの位置がずれてしまったり、一度しまった脂肪が流れ出てしまうことがあります。

ですから、できるだけこまめにブラジャーの位置を直すようにしましょう!

たとえば、トイレに行くたび個室の中で、ブラジャーの位置を直して脂肪をもう一度集めるようにするとか・・・それが難しかったら、せめてお昼休憩の時間には一度ブラジャーの位置直しをしておくといいでしょう。

一見地味に見えるこの作業が、バストアップには大切なことなんです!

「まだ(バストが)小さいから集めるお肉はない!」

と思うかもしれませんが、それでもこの作業は怠らないでください。

バストに愛情をもって接していれば、きっとバストもそれにこたえてくれます♪

あなたのバストが健康的に大きくなるように、ブラジャーを正しいつけ方でつけ、こまめにブラ直しをしてくださいね(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ