バストアップのエクササイズは効果ある?どんなエクササイズをするべき?

Q:バストアップしたいけど、エクササイズって効果があるの?

バストアップのエクササイズは、バストアップに効果があります。その理由と、どんなエクササイズがいいのかをご紹介します。

バストアップのエクササイズが効果がある理由

バストアップのエクササイズをするメリットは、大きく2つあります。

まず一つ目ですが、バストが小さい人は姿勢が悪い人が多いんですね。

猫背だったり、両肩が前に出ているなど、正しい姿勢をとれていないと、順調に胸が育つことができません。

それはなぜかというと、バストの構造でご紹介しましたが、バストの土台の基礎となっているのは胸の骨である胸骨です。

その胸骨の上にあるのが大胸筋で、大胸筋の上にバストがあるわけですが、姿勢が悪いと胸骨が圧迫されて狭くなります。

すると当然、胸骨の上にある大胸筋も小さくなってしまうんですね。

小さい大胸筋の上では大きなバストは育ちません。

筋肉は動かさないと鍛えられませんし、筋肉は加齢とともにどんどん衰えていってしまうものです。

ですから、姿勢が悪い状態を放置しておくと、もちろん大胸筋も衰えて小さくなっていくので、胸は小さくなったり垂れていく一方なんです。

 

そしてもう一つの理由が、胸を大きくするには、栄養と酸素が必要です。

胸が小さい人は、おっぱいの部分が冷たい場合が多いです。

ということは、胸の血行が悪くて、胸を育てるために必要な栄養や酸素が十分に届けられていないということです。

当然、栄養と酸素がなければ、「胸は育ちたくても育つことはできない=バストアップしない」ということになります。

 

ここで、バストアップに有効なエクササイズをすることで、胸骨を広げることができ、大胸筋が広いエリアを確保することができます。

エクササイズで大胸筋が動けば、筋肉を刺激することができるので鍛えられますよね?

今まで狭い胸骨と大胸筋で圧迫されていた血管やリンパ管も血やリンパ液が通りやすくなるので、血流もよくなります。

それと同時にエクササイズで動いた大胸筋に刺激されて血行が良くなるので、胸に栄養や酸素を届けやすくなるんですから、胸は育ちやすい環境になります。

わたしたちがバストアップするためには、胸が育ちやすい環境を作ってあげないといけないということなんです。

じゃどんなエクササイズをすればいいの?ということなんですが、エクササイズの方法は色々あります。

動画で「バストアップ」で検索すると、エクササイズの方法が出ると思いますが、やはりバストアップについて研究してきた人や骨格、筋肉について詳しい人のエクササイズが効果あります。

  • どんな動きをすればバストに効果的なのか?
  • 胸の発達にとって、してはいけない動きはないか?
  • 少ない動きでできるだけたくさんの効果が得られる動きはどんな動きか?

などを研究しつくし、また今まで教えてきた生徒さんたちの効果を検証しながら一番良い動きであるエクササイズを考案するわけですから、やはり専門家のエクササイズが最も効果があるのは当然ですよね(^^)

バストのエクササイズは効果があるので、バストの専門家が教えているエクササイズをすることがバストアップの最短ルートだということを覚えておいてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ