バストアップのエクササイズを効果はそのままに楽ちんにする方法!

Q:バストアップのエクササイズが続かずに効果が実感できません。

そのエクササイズをすることがツライので続かないのかもしれません。同じエクササイズでも続けられるよう楽ちんにする方法をご紹介します。

バストアップのエクササイズを効果的かつ楽ちんにするには?

バストアップのエクササイズは、バストアップの効果が期待できるものです。

だからエクササイズはつづけたほうが早く効果が実感できるはずなんですが、どうしても続けられないとお悩みの方も多いです。

男性は腹筋を割ったり、マッチョ(ガチorソフト)になりたいなどで、体を鍛える人が比較的多いですが、女性はただでさえあまり体を動かすのが好きではないという人も多いようです。

ですから、それがたとえバストアップのエクササイズだとしても、どうしてもサボってしまったり、3日坊主で続けられない場合が出てきますよね(^^;)

なぜさぼりたくなるのか・・・?

それは、エクササイズがつらいからじゃないでしょうか?

通常エクササイズというと、筋肉に力をこめて頑張ってやるものが多いです。
たとえば、大胸筋という筋肉を発達させるために力をこめて拝みのポーズをするというのもありますよね。

確かに、1日24時間を考えると、わずか数分でできるエクササイズですが、力をこめるのがだんだん嫌になってきたり、そのわずか数分がつらいとか大変と感じてしまうんですよね。

このつらいとか大変と思わないようにする方法があれば、エクササイズが続けられるわけです!

エクササイズの効果はそのままに楽ちんにできれば続けることが苦になりませんよねΣb( `・ω・´)グッ

 

それはどんな方法かというと・・・

力を使わない!ただこれだけです。

 

「は~?それじゃエクササイズにならないじゃない?!がっかりだわ(`・д・´)」

と思うのはちょっと待ってくださいね(^^;)

 

じつは、バストアップのエクササイズは筋肉を発達させるというよりも、大胸筋や胸骨などバストの土台を動かすことが大切なんです。

大胸筋や胸骨、肩甲骨などを大きく動かすことで骨のゆがみを治したり、血行を促したり、栄養や酸素を送り込んだりしてバストアップさせるものなんですね。

ここで、「力を使わない」ということがメリットになります。

力はなるべく使わないようにすると、筋肉が柔らかくなって関節が大きく動かせるようになるんです。

固くなった筋肉を大きく動かして柔らかくしてほぐしていく。

力をつけるための運動をメトリック運動といいますが、軽い負荷で反復運動をすることで筋肉を育てていく運動をアイソトニック運動といいます。

このアイソトニック運動のほうが、力を使わないのでつらい思いもしませんし、楽ちんかつ体の筋肉がほぐれて気持ちいい状態になります。

バストアップのエクササイズをするときは、力をこめないで大きく筋肉を動かすことを意識してやってみてくださいね( *• ̀ω•́ )b グッ☆

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ