胸が大きくなった理由は女性ホルモンが関係していた!?バストアップとホルモンの関係!

Q:胸が大きくなったという人は、どうして大きくなったのか理由を教えてほしいです。

わたしは42歳で胸のカップのサイズが2カップ大きくなったんですが、「このおかげ」だと思う理由をお答えします。

胸が大きくなった理由は女性ホルモン!

わたしたち女性の体を女性らしくしているのが女性ホルモンです。

ここで、一度女性ホルモンの作用をおさらいしておきたいと思います。

女性ホルモンの作用は

  • 女性の体を女性らしい丸みを帯びたラインにする
  • 生理や妊娠などのコントロールをする
  • お肌や髪の毛を美しくする

ここら辺は美容に関心の高い女性はよくご存知だと思います。

でも、女性ホルモンの作用はこれだけじゃないんですよ♪

  • 情緒を安定させる
  • 記憶力を保つ
  • 自律神経を整える
  • 骨を丈夫にする
  • 食欲を抑制(おさえる)

このような作用を持っています。また最近の研究では

  • 男性特有の前立腺肥大
  • がんや高血圧などの生活習慣病

にも、良い影響を与えることがわかってきています。

このように、男女ともに体が必要としている女性ホルモンなんですが、加齢とともに量が減少していってしまうんですね。

女性ホルモンの分泌は、30歳をピークに分泌量が減っていきますが、35歳を過ぎるころから急激に分泌量が減少していきます。

この女性ホルモンの減少を抑えるためにはどうしたらいいのか・・・?

確かに食事で女性ホルモンを増やせることが一番ですが、毎日の食事で早々補えるものでもありませんし、だいたい面倒くさい(^^;)

ということで、女性ホルモンを外部から取り入れようとサプリを飲むことにしたんです。

 

わたしが最初に飲み始めた理由は、年齢もアラフォーですし、更年期障害で苦しむのはいやだなぁということが大きかったからです。

「胸は大きくなればいいけど、年齢も年齢だしそっちは無理かなぁ」くらいにしか思っていなかったわけですが、嬉しい誤算というか、効果に驚きというか、胸も大きくなった!ということなんです。

胸を大きくするには、バストアップのマッサージやエクササイズも重要ですが、女性ホルモンを補いバランスを整えるのが重要だったんですね(^^)

短期間で胸を大きくしたい場合は、女性ホルモンを補ってホルモンバランスを整えるのとともに、バストに栄養を届けるためのエクササイズを行うといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ