胸を大きくするサプリは市販でも平気?薬局のサプリとの違い!

Q:胸を大きくするサプリで薬局などに売られている市販品を買おうかと思いますが違いはありますか?

胸を大きくするサプリで有名な人気サプリは市販では売っていないので注意してください。市販品との違いについてご紹介していきます。

市販品の胸を大きくするサプリの特徴

薬局などに売っている市販品にも、プエラリアの成分を含んだ胸を大きくするサプリが売られています。

このサプリの口コミなどを見てみると、「効果があった!」という感想を持っている人もいるので、わざわざネットで買わなくても市販品で十分と思うかもしれません。

でも、じつは市販品の胸を大きくするサプリにはある特徴があるんです。

それは・・・

 

女性のホルモン周期を無視している。

これはどういうことかというと、女性ホルモンには4つの周期があります。

  • 月経期(3~7日)
  • 卵胞期(およそ7日間)
  • 排卵期(およそ5日間)
  • 黄体期(およそ14日間)

この期間は個人差がありますが、4つの周期で分泌される女性ホルモンが変わってきています。

胸を大きくする女性ホルモンが分泌されているのが卵胞期です。

卵胞期には卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌されますが、加齢やストレス、生活習慣などによって卵胞ホルモンの分泌が少なくなることがあります。

卵胞期に卵胞ホルモンと同じ作用のあるプエラリアミリフィカの成分をとることで、女性ホルモンを活性化してバストアップにつながるんですね。

しかし!!

市販のサプリには、黄体期に分泌される黄体ホルモンの作用をする成分が配合されています。

たとえば、

  • コロハ
  • ワイルドヤム
  • マカ

などは、黄体ホルモンであるプロゲステロン様作用がある成分になります。

卵胞期に、黄体ホルモンを入れてしまってはホルモンバランスが崩れてしまいます!

ホルモンバランスが崩れると、当然体に不調が出てきますから、副作用が出やすい危険があるということになるんです(´・ω・`)

たいてい主成分はプエラリアということですが、一緒に配合されている成分に不安があるので、私としてはおすすめはできません。

でも、値段やどうしてもネットで購入したくないというのであれば、そのリスク(副作用)を承知の上で試してみるのはいいと思います。

でも、もし体に不調を感じたらすぐにでも飲むのを中止するようにしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ