女性ホルモンを増やすにはサプリ?漢方?どちらが効果ある?

Q:女性ホルモンを増やすにはサプリと漢方どちらがいいんですか?

女性ホルモンを増やす方法としてサプリと漢方のどちらを摂取したほうがいいのか?またその違いについてご紹介します。

女性ホルモンを増やすにはサプリ?漢方?

女性ホルモンを増やすことは、バストアップをはじめ美肌や美髪などの美容面の効果と、女性特有の不調を軽減するなどの健康面の効果の両方で大切なことです。

この女性ホルモンを効率よく増やす方法として、サプリの摂取と漢方薬の服用があります。

さてこの2つのどちらを飲んだらいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

サプリは医療保険の制度が充実していないアメリカなどが、病気になってしまうと高額な医療費がかかることから「予防医学」として飲まれています。

日本でも同様に、食事だけでは1日に必要な栄養を摂り切れないですから、それを補うために手軽に栄養素をとれることから人気が高いです。

 

漢方は、東洋医学で長い歴史の中から発見された薬効成分のある植物(鉱物)などを抽出したものです。

病気になる前の未病段階で飲むことで、体調を改善させるのが目的ですから、こちらも予防医学なんですね。

ですから、両方とも似たような目的なのでどちらがいいのかよけい混乱してしまうでしょう。

 

ただ、漢方は天然の植物などからできているので体に良いんじゃないかというイメージを持つ人が多いと思います。

それなら、サプリよりも漢方のほうが女性ホルモンを安全に増やせるのか?ということですが・・・

 

じつは!

漢方に「女性ホルモンを増やす薬」というものはないんですね!

更年期障害のつらい症状を緩和させるための漢方薬というのはあります。

漢方はいろいろな生薬を配合されてできていますから、その中で女性ホルモンを活性化させる生薬というのはあると思いますが、「女性ホルモンを増やすことが目的の漢方薬」というものはないんですって(゜o゜;!!

女性ホルモンの減少によってあらわれる症状を緩和させることが目的なら漢方を処方してもらう方法もいいんでしょうが、女性ホルモンを増やしたり活性させたり、バランスを整えたりするにはサプリのほうがいいということです。

目的に合わせて使い分ければいいですが、胸を大きくするために女性ホルモンを増やしたいと考えるなら、サプリメントを選択するべきでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ