バストアップと女性ホルモンの関係は?ホルモンアップでバストもアップ?

biyoueki

    Q:女性ホルモンを増やすとバストアップすると聞いたんですが本当ですか?

バストアップには女性ホルモンが関係していますが、女性ホルモンを増やしたからと言って健康的にバストアップができるわけではありません。

バストアップと女性ホルモンの関係

「豊かな胸」といえば「女性らしさ」の象徴ですよね?

貧乳をコンプレックスに感じるのは、自分に女性らしさが欠けていると感じてしまうからかもしれません。

それほど豊かなバストは女性の象徴ともいえる場所の1つですから、バストアップを考えたときに女性ホルモンを連想することも多いんじゃないでしょうか。

バストアップに効果的な栄養でよく取り上げられるのは、大豆に含まれている「大豆イソフラボン」があります。

女性ホルモンには

  • エストロゲンと呼ばれる卵巣ホルモン
  • プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモン

この2種類があります。

イソフラボンは、エストロゲンと似た作用をする働きがあるので、女性の性器を発育させる=胸を大きくする効果は科学的な調査でも研究されています。

また、テレビのニューハーフのタレントさんなどが「女性ホルモンを注射する」といった話も聞くので、女性ホルモンを増やせばバストアップするというのは完全に間違えているわけではありません。

 

「じゃなぜ、女性ホルモンを増やしたからと言ってバストアップするわけではないと答えたの?」

という疑問を持つと思いますが、わたしたちの希望は健康的にバストアップをすることですよね?

ストレスや更年期で女性ホルモンが減っている女性に対しては、医師の診察の元で女性ホルモンを注射するなど、外部から摂取することは有効です。

しかし、女性ホルモンをやみくもに増やすことで体に負担がかかり、体に副作用が起こる可能性もあるんです!

主な副作用をご紹介しましょう。

  • 吐き気や食欲がなくなる
  • めまいやむくみ、倦怠感
  • 発疹ができる・色素沈着
  • 肝機能障害
  • 乳がん、子宮がんのリスクが高まる

このような危険な副作用のリスクをおかしてまで・・・これでは健康的にバストアップするとは言えません(乂・д・`)

わたしたちが健康的にバストアップをするためには、女性ホルモンを増やすのではなく、女性ホルモンを活性化させることが望ましいんですね。

ですから、安易に「バストアップしたいから女性ホルモンを増やす」のではなく、女性ホルモンのバランスを整えて活性化させることに重点を置いてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ