バストアップサプリの市販品とネット商品との違いは?

Q:バストアップサプリですが、ネットで売っているサプリと市販品の違いは何ですか?

バストアップサプリでネットのサプリと市販サプリでは、プエラリアの質に違いがあります。

バストアップサプリの違いは?

バストアップサプリは薬局などで売っている市販品だと、「バストアップサプリ」として販売しているわけではありません。

成分的に、「プエラリア」が入った商品として販売されていると思います。

プエラリア=バストアップを知っている人が、プエラリアのサプリをバストアップのサプリとして購入するわけですね。

さて、バストアップサプリはネットでもたくさんの商品が販売されていますが、ネットの商品と市販品の大きな違いはプエラリアの質になります。

プエラリアの質というのは、プエラリアはタイ原産のマメ科の植物「プエラリアミリフィカ」の根に含まれている成分です。

「ミリフィカ=驚くべき」という意味通り、天然のものはタイでしか自生していません。

タイでは、厳しい輸出規制をかけて保護しているとても希少な成分ですから、だれでも入手できるというものではないんですね。

生産工場の衛生基準や、生産や品質の管理体制などに厳しい基準が設けられています。

また、プエラリアは加工も難しい植物のため、加工技術や製品の品質などにも厳しくなっています。

プエラリアはいわばタイの顔ともいうべき輸出品ですから、タイも低品質なプエラリアを加工されないよう、品質については十分な調査や基準が必要なわけです。

これらの基準を通ったものだけが、タイ原産のプエラリアミリフィカを使えるんですね。

ですから、タイ原産のものを使っているサプリは高いハードルをクリアしたものというお墨付きがついている商品になります。

プエラリアの成分配合のサプリは全て、このようなハードルをクリアした商品というわけではありません。

市販のプエラリアにはタイのプエラリア使用とは書かれていませんから、まずここが大きな違いになってしまいます。

やはり、品質で考えたら、タイ原産の本物のプエラリアミリフィカを使っている、厳しい基準をクリアした製品が安心ですよね。

ネットで販売されているプエラリアミリフィカ配合のバストアップサプリを検討するときも、そのプエラリアはどこのプエラリアなのかをチェックすることをお勧めします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ