更年期障害を予防しながらアンチエイジングする超簡単な方法とは?

Q:更年期障害で苦しまないための予防方法はありますか?

つらい更年期障害の症状を予防する方法はあります!しかも、予防しながらアンチエイジングの効果まで期待できる超簡単な方法をご紹介しましょう。

更年期障害の予防方法

最近では女性だけではなく男性も更年期障害があると話題になっています。

更年期障害の症状は個人差がありますが、つらい人は通常の生活をするのも困難なほど苦しい症状があらわれますから、どうにかそれを予防したいと考える人が増えています。

更年期障害の症状が出ると、苦しむのは本人ばかりでなく、まわりの家族にまでその影響が及んでしまいますからね(´・ω・`)

しかも、私たちが更年期障害の症状が出る年齢って、子供が思春期の年齢に当たることが多く、家庭の雰囲気が倍増して悪くなってしまうことがあります。

「子供の話を、心のゆとりを持って聞いてあげたい」

頭では分かっているけど、「体がつらい」「精神が安定しない」という状況ですから、無意味な親子げんかに発展してしまったり、話しすら聞けない状況になることもしばしばです。

 

ある程度の年齢になったら、この更年期障害の症状が出るかもしれないとわかっているんですから、早めに予防をしたいと思いますよね(^^)

でも時間がないし、特別なことをするのは大変だと思います。

そこで、超簡単に更年期障害の予防をする方法をご紹介しましょう!

 

更年期障害の原因とは・・・

女性ホルモンが減少することで、女性ホルモンのバランスが悪くなることで起こります。

 

女性の体は女性ホルモンによって支配されているといっても過言ではありません。

この女性ホルモンというのは主に「卵胞ホルモンであるエストロゲン」「黄体ホルモンであるプロゲステロン」を指しますが、平均して40歳をこえたあたりからエストロゲンが急激に減り始めます。

エストロゲンの分泌が少なくなって、ホルモンのバランスが崩れてしまうんですね。

若いうちは脳から「エストロゲンを出せ」という命令があると、卵巣がエストロゲンを分泌させるので問題ありませんでした。

でも、卵巣の機能が低下してくる40代以降は、脳から「エストロゲンを出せ!」という命令が来ても卵巣でエストロゲンを分泌させられないので、体や心のバランスが崩れてしまいます。

頭痛やのぼせ、動悸やめまい、イライラや不安感など、その人によってどんな症状かはわかりませんが、このような不快な症状に襲われます。

ということは、この減ってしまうエストロゲンを外から補充してあげるといいということです。

実際、更年期障害の治療には女性ホルモンを調整するために、エストロゲンと同様の働きをする薬が投与されますからねΣb( `・ω・´)グッ

女性ホルモンを増やしたりバランスをとるには、サプリメントを飲むだけという超簡単な方法があります!

しかも、女性ホルモンを増やすサプリの方は、サプリを飲むだけで女らしい体つきになり、バストアップまで期待できてしまいます!

女性ホルモンのバランスをとるサプリも、アンチエイジングの効果があることで有名なんですね(^^)

面倒な食事や運動もなく、ただサプリを飲むだけで更年期障害を予防でき、奇跡の40代と言われるような輝く女性になるためにも、サプリを上手に使っていきたいものです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ