更年期障害の症状は30代でも起こる!?若年性更年期障害とは?

Q:まだ30代なのに、更年期障害と同じような症状があらわれます。

これは「若年性更年期障害」と呼ばれているものです。なぜまだ30代なのに更年期障害の症状が出てしまうのか?メカニズムをご紹介しましょう。

30代なのに更年期障害?!若年性更年期障害とは?

更年期障害というのは、女性の卵巣機能が深く関係しています。

通常平均して51歳ころに閉経を迎える女性が多いことから、更年期障害の症状は40歳後半から起こるのが一般的です。

わたしたち女性の体は、女性ホルモンによって支配されているといっても過言ではありませんが、その女性ホルモンのエストロゲンは卵巣によって作られ、分泌されているんですね。

年齢とともに、卵巣機能が低下し、エストロゲンが作れずに分泌が減少してしまうんですが、脳からは「エストロゲンを分泌しろ!」という命令が出ているわけですから、それに対応しようと体は頑張るわけです。

でも、卵巣がうまく働けない・・・

このジレンマが自律神経のバランスを崩し、更年期障害の症状を引き起こしています。

 

30代だったら、本来まだ卵巣の機能は元気ですから、卵巣でエストロゲンを作って分泌するので更年期の症状があらわれることはないと思われますが・・・

中には、本当に40歳前で卵巣の機能が働かなくなり、閉経を迎えてしまう人もいます。

これは「早発閉経」と呼ばれていて、遺伝や病気のほか、無理なダイエットや過度のストレスなんかでも発症するそうです。

 

「いや・・・まだ閉経はしてないけど、更年期障害の症状が出てるのよ(´・ω・`)」

という方は、早発閉経ではなく、女性ホルモンが減少することによっておこる「更年期障害と同じような症状」ということになります。

なぜ女性ホルモンが減少するのか?というと、「女性ホルモンを分泌させろ!」脳の命令があるからなんですね。

脳の中でも、その指令を出す場所(脳下垂体や視床下部)は外部からの刺激を受けやすい部分なので、影響を受けやすいという特徴があります。

  • 外部からの刺激というのは
  • 食事制限などの過剰なダイエット
  • 日常生活で受けるストレス
  • 激しい運動
  • たばこによる血行不良

などなどが影響をして、卵巣に女性ホルモンを分泌するように命令が出せず、体のエストロゲンが不足してホルモンバランスが崩れてしまうんです。

若年性更年期障害の治療はどうする?で解決策についてご紹介したいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ