これはプチ更年期の症状?!プチ更年期障害とは?

Q:最近「プチ更年期」という言葉を聞きますが、プチ更年期とは?どんな症状?

若い年代に更年期障害と同様の症状が起こることをプチ更年期と言います。症状など具体的にご説明します。

プチ更年期とは?どんな症状?

更年期障害というのはよく聞くと思いますが、最近「プチ更年期」という言葉も聞くようになりました。

更年期障害のメカニズムと現れる症状については、前回図入りでご紹介していますが、一般的には40代後半ごろに現れてくる不調で、原因は女性ホルモンが減少することで起こるものです。

そして、プチ更年期とは、20~30代の若い女性に更年期障害と同様の症状があらわれている状態をいいます。

プチ更年期かどうかのセルフチェックは

  • 月経が不順になった(病気などの原因がない場合)
  • 顔がほてったり、のぼせることがある
  • 頭痛やめまいが起きる
  • 疲れやすい・運動不足
  • 人間関係などに悩みがある
  • タバコを吸っている
  • 食事の栄養バランスがよくないと感じる
  • 寝付けなかったり、寝るのが遅いなど生活が不規則
  • イライラしたり、うつな気分になることがある

このような症状が多くあてはまる人ほど、プチ更年期の可能性が高くなります。

ただし、一つ気をつけたいのが、プチ更年期かと思っていたら、PMS(月経前症候群)だったということもあるので要注意です。

月経が不順で、上にあげたような体の不調が2週間以上続いている場合は、プチ更年期を疑うことができます。

20代や30代で、プチ更年期の症状が起きたら早めに受診することが重要です。

プチ更年期の症状が出るということは、エストロゲンが減少していることが原因だと考えられます。

20~30代だと、卵巣の機能が元気ですから、女性ホルモンのエストロゲンも脳の命令が出たらちゃんと作られて分泌されるんですが、エストロゲンの分泌が少ない可能性が高いんですね。

これは放っておいたら、卵巣の機能が低下する恐れもありますし、何らかの病気の可能性もありますから、産婦人科を受診することをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ