プチ更年期の治療方法は?簡単に治す方法はある?

Q:プチ更年期の治療はどんなことをするの?簡単に治す方法はある?

もしかしたらプチ更年期かもしれないと思い病院で診てもらおうと思っても、どんな治療をするのか不安ですよね?今回は治療方法についてご紹介します。

プチ更年期の治療は?

プチ更年期は20~30代の若い女性が何らかの原因によって、女性ホルモンの分泌が減少してしまうことによって更年期障害と同様の症状が起きることです。

ですから、病院では産婦人科を受診してください。

産婦人科では、まず血液検査をします。

血液中のエストロゲンや卵胞ホルモンなどの分泌量を測定して、結果に応じた治療を行うことになります。

治療方法としては主にホルモン療法がおこなわれます。

ホルモン療法とは、月経の周期に合わせて卵胞期と言われる排卵前の時に、エストロゲンを補充する方法です。

「それなら、卵胞期にエストロゲンと同様の働きをするプエラリアミリフィカを使っているバストアップサプリを飲めば、胸が大きくなるし一石二鳥じゃない!!」

という発想もあるかもしれません(^^;)

確かに原理としては間違えていないと思いますが、やはりこれから妊娠や出産を控えている若い女性ですから、病院を受診して治療するほうが間違いありません。

それに、もし知らずに子宮筋腫などができていると、エストロゲンを増やすことで子宮筋腫も育ってしまう可能性があります。

ここは受診をして医師と相談しながら治療したほうがいいでしょう。

どうしても受診したくない、受診する時間がないという場合は、いきなりプエラリアのサプリを飲むより、プラセンタのサプリの方が女性ホルモンのバランスを整える作用があるのでプラセンタを選択したほうがいいと思います。

 

と少し話がそれてしまいましたが・・・

ホルモン療法を行うときに使われるのは、ホルモン剤のほか、排卵誘発剤や低用量ピル、中用量ピルなどです。

漢方薬を処方されることもありますが、漢方薬で女性ホルモンを増やすものはありませんので、これは血行の流れを良くしたり、冷えの症状を改善する目的になります。

また、せっかくホルモン療法をしていても、生活が乱れたままだと治りが悪くなってしまうので、生活の見直しも重要になってきます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ