産後の胸がしぼむという話は本当ですか?予防法は?

Q:産後に胸がしぼむって本当ですか?母乳育児は避けたほうが良いんでしょうか??

産後に胸がしぼむという話はよく聞こえてきますね。憂うつなバストの問題は、乳腺に原因があるのです。

産後に胸がしぼむ理由とは?

妊娠をすると、バストがどんどん発達していきます。

今までにないくらいにバストが大きくなった、と感じる妊婦さんも多いようです。

妊娠をすると、女性ホルモンのエストロゲンが増加し、乳腺を発達させます。

妊娠中、バストが大きくなるけれど母乳が出ないのは、エストロゲンに母乳を抑制する効果があるから。

出産によってエストロゲンが胎盤と一緒に体外に排出されると、今度はプロラクチンというホルモンが分泌されるようになります。

プロラクチンは母乳を生成するように働きかけるホルモン。

産後にバストが大きくなるのは、プロラクチンにより乳腺が発達・母乳を生成するためです。

やがて母乳育児が終わると、プロラクチンの分泌が終わります。発達していた乳腺が衰え、バストはボリュームダウンすることに。

 

また、妊娠・出産・授乳を通じてバストが大きくなったことで、クーパー靱帯が伸びきってしまいます。

バストを支えるクーパー靱帯が伸びきることで、バストが垂れる原因になってしまうんです(´・ω・`)。

ボリュームダウンした上に垂れることで、昔よりバストがしぼんだように見えてしまうのです。

 

では、バストがしぼむのを避けるため、母乳ではなくミルクでの育児にしたほうが良いのでしょうか?

そんなことは決してありません。

母乳・ミルクは関係なしに、出産を経て女性の体は変化するものです。

産後のバストがしぼむ問題に関しては、食事やエクササイズ、マッサージなどで予防できます。

食事には女性ホルモンに関わりのあるイソフラボンを含む食材を摂取するのがベター。

イソフラボンが多く含まれているのは、大豆を使った食べ物です。

また、バストケアとして、バストマッサージや大胸筋の強化もお勧め。

バストマッサージで乳腺を刺激し、リフトアップを促しましょう。また、腕立て伏せなどで大胸筋を鍛えることで、上向きバストが戻ってきますよ。

産後、胸がしぼむのは事実ですが、日々の対策で予防可能ですΣb( `・ω・´)グッ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ