授乳によって、バストは垂れてしまうもの?垂れないようにするには?

Q:授乳したらバストは垂れてしまうのでしょうか?

授乳に関して心配となる点が、いずれバストが垂れてしまうのではないかという問題。バストを維持するため、気をつけるべきことをご紹介します。

授乳でバストは垂れるもの?

母乳で育てると胸が垂れるから、赤ちゃんはミルクで育てる。そんな選択をするママもいるようですが、母乳・ミルク関わりなく、妊娠・出産によって女性の体型は変わりやすくなっています。

ただ授乳で育てる場合、母乳のあげ方によって胸がより垂れやすくなることも、また事実なのです。

母乳をあげる時間の間隔が空いていませんか?

長い時間母乳をあげないでいると、バストはたまった母乳でパンパンになり、皮膚やクーパー靱帯が伸びてしまいます。

伸びた皮膚やクーパー靱帯は元に戻らず、卒乳後にバストが風船のようにしぼんでしまうこととなります。

こまめな授乳を心がけ、なるべく母乳をため込まないようにしましょう。

皮膚やクーパー靱帯が引っ張られずに済む上に、乳腺炎の予防にもなりますよ(^^)

母乳をあげる間隔は、2~3時間ごとが理想です。

 

赤ちゃんが乳房を吸う際に、左右で回数の偏りがある場合もNGです。

この場合、ひんぱんに吸われるほうの乳房は皮膚やクーパー靱帯が伸びやすく、また吸われないほうの乳房はたまった母乳で固まってしまい、乳腺炎を引き起こしやすくなります。

毎回の授乳において、左右ともに母乳を飲ませるようにしましょう。上記の問題だけでなく、バストの大きさや形に左右で差が生じにくくもなります。

 

また、赤ちゃんの抱っこ位置も重要です。

横座りになって、赤ちゃんの上にかがみ込むように母乳をあげる人は多いですが、これも皮膚やクーパー靱帯が引っ張られることに。

授乳枕などを使って、赤ちゃんの頭を高い位置に持っていきましょう。

前屈みでの癖がついてしまった場合は、壁に背をつけて母乳をあげるところから始めてみましょう。

授乳中は何かと大変ですが、小さな心がけを続けることで、卒乳後もキレイな胸を維持できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ