授乳後もバストサイズを大きいままでキープするには?

Q:授乳後も、バストサイズをキープする方法はありますか?

授乳によって変化しやすいバストのサイズ。授乳方法や授乳中の習慣で、バストをキープすることは可能です。

授乳後もバストサイズをキープするために、やるべきことは?

妊娠後に胸のサイズがアップしたと思ったら、授乳期が終わるとカップサイズが大幅にダウンした…。

数多くの出産経験のある方々が悩まされてきた胸のボリュームダウン。

せっかく大きくなった胸も、このまましぼんで空気の抜けた風船のように変わっていくしかないのでしょうか?

諦めるのは早いですよ。

きちんとケアさえすれば、卒乳後もバストサイズをキープできるのです。

 

授乳後に胸がしぼむのは、母乳の生成が止まることで、女性ホルモンが不足するため。

妊娠中にはエストロゲンという女性ホルモンが増加し、乳腺を発達させます。

エストロゲンには母乳を抑制する効果があり、出産前に母乳が出ることはありません。

出産後はエストロゲンが体外に排出され、代わりにプロラクチンというホルモンが分泌され、乳腺の発達を維持します。

プロラクチンは母乳の生成に関わるホルモンで、卒乳後には分泌されなくなります。

この頃はまだ、エストロゲンの分泌は抑制されたままで、その結果、乳腺の発達をサポートするホルモンが不足し、しぼんでしまうのです。

 

不足した女性ホルモンを補うため、食生活に目を向けましょう。

豆腐や納豆、豆乳など、大豆を使用した食品がオススメ。大豆に含まれたイソフラボンはエストロゲンと似た働きを持つため、女性ホルモンが不足した経産婦さんにとって大豆製品は心強い味方なのです。

 

しぼんだバストは、ハリや弾力が不足した状態でもあります。お風呂上がりには保湿クリームで不足した水分を補いましょう。クリームを塗るときにマッサージを行うと、乳腺も刺激され、しぼんだ胸にハリが戻ってきますよ。

せっかくバストアップしたからには、キレイなままでキープしたいですよね。こまめなケアを行うことで、しぼんだバストとサヨナラをしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ