授乳によるバストの下垂は、どう予防すべき?

Q:授乳後にバストが下垂するって本当ですか?

母乳での育児によって、バストが下垂する場合も。ハリのある胸をキープするためには、授乳方法や習慣に注意をしましょう。

バストを下垂させないために、やるべきこととは?

妊娠・出産・授乳の期間、赤ちゃんに母乳を供給できるよう、胸は変化します。

乳腺が発達し、胸のサイズがアップ。

出産後は母乳が生成され、胸が風船のようにパンパンに張ります。

このとき、カップサイズが2サイズ以上も上がる人も少なくないようです。

このときに船の皮膚や、胸を支えるクーパー靱帯が必要以上に伸びてしまうのはNG。

皮膚もクーパー靱帯も、一度伸びきってしまえば元に戻りません。

卒乳後、母乳が生成されなくなると、バストはボリュームダウンし、さらに伸びきった皮膚やクーパー靱帯に支えてもらえずに垂れてしまいます。

 

母乳をあげる方法・習慣を変えることで、授乳後もバストはキープできます。

まず気をつけたいのが、母乳はこまめにあげること。

間隔が長いほど、母乳によってバストの皮膚やクーパー靱帯が引き伸ばされ、危険です。

姿勢にも気をつかいましょう。

前かがみでの授乳は胸の下垂を引き起こします。

低い位置に抱っこするのではなく、授乳枕などを使用して、赤ちゃんの頭が高い位置に来るようにしましょう。

また、面倒臭いからと、妊娠前と同じブラを使うのも厳禁です。

サイズの合わないブラの使用は、胸の崩れにつながります。

授乳期はカップサイズ・アンダーバストともに変化しやすい時期。

こまめなサイズ調整ができる産後ブラを使うのがマストです。

 

また、卒乳・断乳の方法も要注意。

急激に回数を減らすと、母乳がたまって胸が張ってきます。

放置すると、皮膚やクーパー靱帯が伸びるだけでなく、乳腺炎にもつながる恐れが。

卒乳・断乳は徐々に授乳回数を減らすようにして、緩やかに行っていきましょう。

また、お風呂の中でマッサージをするなど、定期的に胸をケアすることも必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ