妊娠中に使えるバストケアクリームで、オススメのものは?

Q:妊娠中のバストケアには、どんなクリームがオススメですか?

妊娠すると起こる体の変化。バストも例外ではありません。乾燥しやすくなったりとデリケートな妊娠中のバストには、どんなバストケアクリームが効果的でしょうか。

妊娠中のバストケアには、こんなクリームがオススメ!

赤ちゃんができると、バストにも変化が起こります。

女性ホルモンのひとつ・エストロゲンの分泌が活発化され、乳腺が発達するようになります。

妊娠中にバストアップするのは、このためです。

乳腺の数が増えていき、赤ちゃんに母乳をあげる準備が進むと、やがて臨月の頃には自分のバストとは思えないほどにボリュームアップすることに。

平均的には2サイズもアップするとのこと。

短期間に急激にバストアップするため、皮膚の奥・真皮が断裂してしまい、ひび割れのような線が発生します。

おなかに妊娠線ができるメカニズムと同じで、バストにも授乳線が現れるのです。

 

授乳線を予防するには、妊娠中からの保湿ケアが重要です。

妊娠中はホルモンバランスが変化し、肌が乾燥しやすい状態。バストが粉を吹くまで乾燥したりと、とてもデリケートになっています。授乳線も、肌が乾燥していることで発生する可能性がアップ。

これらのトラブルを回避するためにも、お風呂上がりには欠かさずに保湿クリームでバストケアを行いましょう。妊娠線予防クリームはもちろん、通常の保湿クリームでも効果が期待できます。

 

また、ホルモンバランスの変化によって色素細胞メラノサイトが刺激され、メラニン色素が増えることも。

妊娠をすると乳首やワキなどが黒ずんでしまったという声も聞こえてきます。

これらの黒ずみは出産後には元に戻っていくことが多いのですが、あまりにも気になるようであれば、美白を考えても良いかもしれません。

美白成分配合のクリームをチョイスして、バストケアに取り入れてみましょう。

妊娠中のバストにダメージがおよばないよう、刺激の強い成分は避け、ビタミンC誘導体など安全性の高い成分を選ぶようにしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ