胸の形が崩れるのはなぜ?予防はできないものなの?

Q:胸の形が崩れるのはどうしてですか?予防することはできないのでしょうか?

時間が経つとともにハリのあった胸も、崩れてしまうもの。しかし、バストケアを行うことで、胸の形をキレイに保つことも可能です。

胸の形が崩れる原因は?

胸が崩れるのはなぜでしょうか?

そこにはいろいろな要因が働いていますが、その大部分は普段の習慣によるものです。

 

夜寝るときに、どんな姿勢で寝ていますか?

横向き、うつぶせが多い人は要注意。横向きで寝ていると、下になったほうのバストに重圧がかかり、つぶれてしまいます。

また、上のほうのバストは下へと引っ張られていきます。その結果、左右のバストの形と大きさに差が出てしまうことに。

うつぶせ寝は、体の重みがバストにのしかかることになり、形がつぶれてしまいます。胸の形を保ちたいなら、あおむけで寝るようにしましょう。

 

今使っているブラは、いつ購入したものですか?

1年以上使用している場合は、買い換えが必要です。何度も使用することで、ブラのワイヤーやストラップは劣化していき、サポート力が低下していきます。

合わないブラを着用すると、バストをしっかりホールドできず、胸が崩れていきます。定期的にフィッティングを受け、常に自分にとって最適なブラを使うようにしましょう。

 

冷えもバストにとっては大敵です。

体が冷えているとホルモンバランスが崩れ、バストアップや形の維持にも関わる女性ホルモンが分泌されにくくなります。

基礎体温が36度より低い人は冷え性の可能性があり、バストにとっても良い状態とは言えません。

毎晩のお風呂をシャワーで済ませているなら、湯船につかるように切り替えてください。シャワーだけの場合に比べ、湯船につかった場合は体が芯から温まります。

 

また、体は冷やさないように暖かい格好を心がけましょう。

特に首、手首、足首などの名前に「首」がつく部分は、温めると冷えに効果があります。

普段の食事にも要注意。コンビニご飯やジャンクフードなど、加工食品は減らしていき、代わりに血行促進や代謝アップの効果があるビタミンを含んだ食品を食べるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ