断乳後の胸はしぼんでしまう?大きくする方法は?

Q:断乳後の胸をしぼませたくない!大きくする方法はありますか?

授乳が終わると、驚くほどに胸はボリュームダウンしてしまうもの。せっかく妊娠・出産を経てボリュームアップした胸を大きく保つ方法はあるのでしょうか。

断乳後の胸を大きくするには?

赤ちゃんに栄養を与えるため、授乳中はバストに母乳がたくわえられます。

赤ちゃんが母乳を吸うことでバストはしぼみ、また母乳が生成されてバストがふくらむ…。

授乳中のバストは何度も何度も引っ張られてはしぼむ状態にあります。この状態を長期間繰り返すことで、断乳後のバストは皮膚が伸びて、クタクタになってしまうのです。

 

元気がなくなり、しぼんで垂れてしまったバスト。

妊娠中のバストとの違いに落ち込む女性もいるようですが、適切なケアを行うことで、大きく保つことは可能です。

バストを支えているのは、上半身に存在する筋肉・大胸筋。

大胸筋を鍛えることで、上向きバストを取り戻しましょう。大胸筋を鍛えるエクササイズはカンタン。まずは胸の前で両手のひらを合わせて「合掌」のポーズを作りましょう。その状態で両手のひらを互いに押し合います。息を吐きながら力を込めていきますが、このとき胸の筋肉を使うように意識して。10秒間、両手のひらを押し合わせたら、休憩。

この流れを1セットとし、1日10セットを毎日行っていきましょう。

 

お風呂上がりにバストアップマッサージを行い、衰えた乳腺を刺激するのも効果的です。

バストアップマッサージの方法はいろいろとありますが、基本は「下から上」「外側から内側」の動きとなります。

バストを寄せ上げるようなイメージですね。このとき、バストケアクリームを使用すると、さらにマッサージの効果が上がります。

 

授乳後は女性ホルモンが不足しています。

大豆には、女性ホルモンのひとつ・エストロゲンと似た働きをするイソフラボンという成分が含まれています。少なくなった女性ホルモンの働きをサポートするためにも豆乳や豆腐、納豆などを積極的に食べるようにしましょう。

そうかといって、食事で女性ホルモンを増やすのは実際大変ですよね(^^;)

そんな場合は、サプリで手軽に女性ホルモンを増やしてしまうというのも一つの方法です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ