断乳後に胸がしぼむのはイヤ!効果的な予防方法は?

Q:断乳後に胸がしぼむのはイヤ!予防する方法はないのでしょうか?

断乳後の憂うつな問題が、胸がしぼむこと。ハリのあるバストを維持するための方法をご紹介します。

断乳後に胸がしぼむのは、こうして予防する!

妊娠・出産・授乳・断乳を経る中で、女性のバストは目まぐるしく変化します。

妊娠によってバストアップし、授乳中はふくらんだりしぼんだり。

断乳後は力なくしぼんでしまうことに。しかし、そもそも短期間で大きくサイズが変化するのは、なぜなのでしょうか?

 

妊娠をすると、女性の体内では女性ホルモンのひとつ・エストロゲンの分泌が増加します。

エストロゲンの増加によって乳腺が発達し、バストサイズがアップするのです。

出産するとエストロゲンは胎盤と一緒に体外に排出され、代わりにプロラクチンというホルモンが分泌されるようになります。

プロラクチンは母乳の生成に関わるホルモン。エストロゲンが減少した出産後もバストが大きいままなのは、プロラクチンがエストロゲンの代わりに乳腺を発達させるからなのです。

しかし、断乳後はプロラクチンの分泌が止まります。エストロゲンも減少したままなので、乳腺は急激に衰え、しぼんでしまうことに。

 

断乳後に胸がしぼむのを予防するには、バストマッサージとエストロゲンの摂取に励みましょう。

バストをマッサージすることで、衰えた乳腺が刺激されていきます。

体が温まったお風呂上がりが最適です。マッサージの際は、中央に寄せること、上へと引き上げることを意識して、バストをリフトアップさせていきましょう。

また、出産によって減少したエストロゲンは、食事で補っていきます。

大豆に含まれている成分イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをします。豆乳を飲んだり、豆腐や納豆を食べたりと、大豆製品を意識的に普段の食事に取り入れてみましょう。

日常的なケアのほか、規則正しい生活習慣を心がけることも、バストを保つコツです。十分な睡眠と栄養を取って、キレイなママを目指しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ