胸の谷間を作るためには、どんな盛り方が効果的?

4

    Q:谷間を作りたい!上手な盛り方を教えてください。

人に見せられる谷間を作るには、もともとのバストの大きさだけでなく、盛り方も重要になります。ここでは、効果的なバストの盛り方を伝授します。

谷間を作るための効果的な盛り方とは?

実は、バストの盛り方ひとつで、見た目の大きさは変わるものです。普段、ブラを装着するとき、適当にバストを押し込んでいませんか?

まずは自分のサイズに合ったブラを購入しましょう。

ランジェリーショップで、専門のフィッターさんに測ってもらった上で、最適なブラを選んで。

装着するときには、ワイヤーとアンダーバストの位置を合わせます。肩紐の長さも、このときに調節します。その後、上半身を軽くかがませましょう。重さで垂れたバストをカップの中にきっちりと収めます。
しっかりおさまった後に、ホックを留めてください。
その後、元の姿勢に戻り、横に流れたお肉も真ん中へ寄せるようにして、カップに収めていきます。最後にホックの部分を少しだけ下に引っ張って、終了です。

正しい装着をすることで、バストが適切な位置に収まるようになり、ボリュームがアップします。その結果、ふくよかな谷間が現れるのです。

 

それでもバストのボリュームが足りない場合は、パッドの威力に頼るという手があります。

薄めの目立たないタイプから肉厚タイプまで、さまざまなパッドが出ています。自分に最適なパッドを探してみるのも、良いかもしれません。
パッドはバストの斜め下に入れて、中央へと寄せて上げるようにしましょう。

 

さらに即効性のある方法としては、医療用テープを使った盛り方があります。
胸の周りにあるおなかや脇の下のお肉をアンダーバストへと集めます。お肉を集めたままの状態で、医療用テープを使って、お肉をアンダーバストの位置に固定します。
上へと寄せ上げるつもりでテーピングをしましょう。その後、バストの外側にパッドを入れ、上からテープで固定します。

一回限りのバストアップ方ですが、即効性に関してはグラビアアイドルも保証済みです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ