プチ更年期と更年期は違う?!プチ更年期の原因は?

Q:プチ更年期と更年期の違いはなに?どんな症状があるの?

更年期は卵巣機能の低下によるもので、プチ更年期は女性ホルモンの分泌を命令する視床下部のトラブルという違いがあります。

プチ更年期と更年期について

プチ更年期というのは、20~30代の女性に更年期の症状が出ることを言います。

更年期というのは、40歳を過ぎてから閉経までの間(45~55歳までの10年)のことを指しますが、この10年が女性ホルモンの急激な現象が見られ、それに伴って不快な症状があらわれます。

更年期における女性ホルモンの減少は、卵巣の機能の低下が原因でおこりますが、プチ更年期の場合は卵巣の機能ではなく、ストレスや生活の乱れなどが原因で女性ホルモンが減少します。

女性ホルモンを分泌するよう命令を出す大元は脳の視床下部という場所です。

でもここはストレスを受けたときに、ストレスに対応するためのホルモンの分泌の命令も出すところなんですね。

ですから、大きなストレスを受けたり、持続的にストレスを受けたりすると、ストレスへの対応でいっぱいになってしまって、他のホルモンの命令まで回らなくなってしまいます。

しかも、脳の視床下部は自律神経のバランスも司っている部分です。

だから、ストレスで視床下部がいっぱいになってしまうと、女性ホルモンの分泌だけじゃなくて、自律神経も失調してしまう危険が高くなります。

また、女性ホルモンの分泌が行われなくなると、卵巣の機能も低下してしまうんです。
卵巣の機能が低下すると、不妊のほかにも・・・閉経を迎えてしまう場合もあります!

3か月以上生理が来ていない場合は、急いで婦人科を受診するようにしてください。

プチ更年期と更年期の原因は違いますが、症状は更年期で出る症状と同じです。

個人差や、人によってどんな症状が出るかはわかりませんが、頭痛やのぼせ、めまいなどの身体的なものから、イライラや不安といった精神的なものまで、症状の種類が豊富です。

具体的にどんな症状があるのかは、女性ホルモン減少による症状でご紹介していますのでご覧になってみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ