更年期の女性がダイエットできない原因?!女性ホルモンとダイエット

Q:40歳を過ぎたあたりからダイエットに失敗ばかり。どうして痩せられないの?

更年期になってくると、若いころよりもお肉がつきやすくなってきます。じつはそれって女性ホルモンの減少と深い関係があったんです。

更年期の女性がダイエットに失敗する原因

40歳前半はまだ大丈夫かもしれませんが、40歳後半や50歳前後になると、急にお腹周りや背中、腕などに贅肉がつきはじめる女性が多いです。

食べる量が増えているわけでもないし、むしろ量自体は減っているのに余分なお肉がたまっていく・・・(T_T)

じつはその原因は、女性ホルモンのエストロゲンが減少しているからなんです!

なぜエストロゲンが減少すると脂肪がつきやすくなるのかというと、エストロゲンは血管を柔らかくし、血液内の脂質の代謝に深くかかわっているからなんですね。

具体的に言うと、エストロゲンは善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

だから、男性の方が中年になると、メタボになる人が女性よりも多いんです。

 

しかし、女性も40歳後半あたりになると、女性ホルモンが減少します。

なんと、50歳になるころには女性ホルモンが男性と同じ量にまで減少し、60歳くらいになると男性の半分量まで減少してしまいます。

エストロゲンは、骨も強くする効果がありますから、加齢とともに骨粗鬆症になる女性が増えるのはエストロゲンの減少によるものだったんですね。

 

しっかりエストロゲンが分泌されていたころには、血管内に脂質がたまることも少なかったのですが、エストロゲンの減少とともに血管内の脂質も上昇し、また運動不足も影響して代謝が悪くなり、依然と同じ食事の量でも、贅肉がつきやすい状況になっているからダイエットしても痩せられないということになっているわけです。

エストロゲンが減少することで、ダイエットができない(贅肉がつきやすい)体になってしまうんですね(´・ω・`)

最近では、若い女性もストレスや日常生活の乱れなどで、エストロゲンの分泌が少ない女性も増えています。

太りやすい・肉が落ちない・お腹や腰回りに脂肪がつくなど、体型が変化して来たら、エストロゲンが足りていない可能性があります。

毎日の食事を見直すか、エストロゲンと同じ作用のあるプエラリアが配合されているサプリメントを飲むなどして、減少している女性ホルモンを補うようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ