産後バストアップはブラが重要!効果のあるブラとは?【厳選TOP3】

垂れてしぼんだ!?産後のバストは驚くほど変化する!

「噂には聞いていたけど、こんなに胸が垂れてしぼんじゃうんだ…」

妊娠・出産・授乳で大きくなったバストでしたが、卒乳が終わってみたら、あのバストはどこへやら?といいたくなるくらい小さくしぼんで垂れてしまった胸にショックを受ける女性は少なくありません。

かわいい我が子を育てるためですから、もちろん母乳で育てたことは後悔しませんが、ただただショックだったという経験をしたママはとても多いです。

特に、元々の胸が小さめな方は、授乳中にバストが大きくなっているのがひそかにうれしかったりするんですね。

でも、もう授乳の必要がなくなったバストは急激にしぼんでしまうため、妊娠前のバストよりも小さくなることも。。。

これはどうにかしなくちゃ!ということで、産後のバストアップについてポイントを抑えながら見ていきたいと思います!

どうしてバストが大きくなるの?

私たち女性の体は、妊娠すると妊娠を維持し、胎児に栄養を運ぼうとフル回転しています。

それと同時に、生まれてから栄養を上げるための準備も着々と整えているんですね。

生まれてから上げる栄養というと、母乳になるので、女性ホルモンを分泌して母乳を作る乳腺を発達させるように作用していきます。

乳腺が発達すると、大切な乳腺を守るためにまわりに脂肪がついていくので、バストが大きくなっていきます。

バストが大きくなるのはいつから?

乳腺が発達するに伴ってバストは大きくなっていきますが、バストが大きくなるのはだいたい妊娠の中期くらいからが多いようです。

そして出産後はプロラクチンという女性ホルモンが分泌されます。

このプロラクチンは母乳を作るホルモンなので、これから赤ちゃんに上げるための母乳が作られ始めて、新生児中の2時間おきの授乳に対応しようとどんどん母乳を作っていきます。

それからは、離乳食が始まるまで、パンパンなバストが続くことになります。

授乳後のバストがしぼむのはなぜ?

産後、離乳食が始まるまでは自分史上最高記録の大きなバストで生活していきます。

妊娠中からバストは大きくなり始めますが、産後の授乳が始まってからがパンパンに大きくなり、搾乳しないとハリが凄くて痛いこともしばしばあるくらいのバストで生活します。

そんな授乳を数カ月続けるわけですが、卒乳を迎えるころから卒乳が完了するころになるとビックリするくらいしぼんでいきます。どうしてしぼんでしまうのでしょうか(´;ω;`)ウッ…

乳腺が小さくなる

妊娠中から大きくなり始めたバストですが、授乳期の頃には1~2サイズくらいバストアップします。

今までは、母乳を出すために乳腺が発達していましたが、もう母乳を出す必要がなくなった乳腺は、小さくなっていきます。

それとともに、乳腺を守るためについていた脂肪もなくなっていくので、バストが小さくなっていきます。

重みに耐えられなかった

産後、母乳のためにパンパンになっていたバストですが、重さもかなりの重さになっています。

バストを支えているのが、クーパー靭帯というコラーゲンでできた繊維の束で、ゴムのようなものなんですが、長い間重いバストを吊るしていたため、その重さに耐えられず伸びたり切れたりしてしまいます。

授乳中はバストを締め付けたくないですからホールド力が強いブラを敬遠したり、赤ちゃんのお世話が忙しくて、ブラにおっぱいをしまうのもそこそこに抱っこしたり‥

バストの重みと、クーパー靭帯の保護が足りなかったので、バストを吊るす役目をしていた靭帯が伸びたり切れたりして、バストを上に引っ張る力がなくなりしぼんで垂れてしまいます。

授乳後のケアが重要!バストをよみがえらせる方法

このまま放置をしていたら、小さくなってしぼんでしまったバストが自然と大きくなることはないと思ってください。

でも、しっかりケアをしていくことで、妊娠前のバストサイズを取り戻し、しぼんで垂れたバストを美しいバストに直していくことはできます!

諦めることなく、しっかりケアをしていきましょう。

バストをキープするには?産後のケアがポイント

産後のバストは乳腺が母乳を作り始めたり、作られた母乳が貯められていたりするので、バストがミルク工場と化しています。

そのため一番バストの形が崩れやすい時期でもあります。

授乳開始後しばらくは赤ちゃんと母乳が最優先になりますが、できるタイミングで「バストをケアする」という意識を持つことが大きなポイントです。

ブラが効果的な理由とは?

母乳作りに大活躍中のバストですが、バストの中では重いバストに引っ張られ続けて、クーパー靭帯が悲鳴を上げています。

クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると元に戻らないという特徴があるので、なるべくクーパー靭帯を保護し、伸ばさない、切らさないことがバストを美しくよみがえらせるのに重要なことになります。

ブラは直接的にバストを保護することができるアイテムです。

夜間に授乳しなくても良くなるころのタイミングで、今つけているブラのサイズを見直したり、夜にナイトブラをつけて寝る習慣をつけて行きましょう!

特に、寝ている間の6~7時間も重力に引っ張られ続けているので、クーパー靭帯は夜にダメージを受けやすいです。
夜間のバストの保護が、最も重要なバストケアになります!!

バストには、クーパー靭帯の保護問題にプラスして、バストの脂肪が流れて脇肉や背肉になるという問題もあります。

おもしろいことに、脇肉や背肉を集めてバストで固定しておくと、一度逃げた脂肪もバストに定着します。

逃げたお肉を戻すよう、バストでしっかりホールドすることができるブラは、産後のバストアップにとても有効になります。

産後おすすめのバストアップブラTOP3

TOP3

  • Viageビューティアップナイトブラ

    1

    一番おすすめしたいナイトブラがヴィアージュナイトブラです。

    着けないよりも気持ちいいブラとして多くの人が愛用中のナイトブラで、使った人の満足度が95%と高いところもヴィアージュナイトブラの特徴です。

    産後のあまり締め付けたくないバストにうれしい、抜群の伸縮性と、着けているだけでお椀型の美しい形をバストに記憶させる点もオススメのポイントです。

    産後のバストアップブラに迷っていたら、ヴィアージュナイトブラを使えば間違いないです!

  • ふんわりルームブラ

    2

    かわいくて美乳ケアできるナイトブラがふんわりルームブラです。

    理想のバストであり続けるために、バストを優しく包んで寄せ上げるブラで、パッドやホックで自分用にカスタマイズしやすいのがふんわりルームブラの特徴です。

    チタンやゲルマニウム成分を配合して代謝やめぐりを良くし、ニオイ対策のために銀も配合されているところもポイントです。

    ナイトブラもかわいさにこだわる方はふんわりルームブラがおすすめです。

  • 導-MICHIBIKI-

    3

    胸の脂肪を脇や背中に逃がさないのが導-MICHIBIKI-です。

    卒乳の頃に乳腺が小さくなってくると、今まで乳腺が掴んでいた脂肪が流れやすくなるので、そろそろ卒乳?の頃にオススメなナイトブラです。

    脂肪の流れとともに離れやすくなる胸も逆流動で寄せてくるので、谷間ができる胸に。

授乳後のバストアップ成功者の声

1人目を妊娠し卒乳後の胸は、かなり悲惨なことに…
寝てる間も垂れないケアをしようとナイトブラを注文しました(^^ )
今までノーブラで寝ていたのですが、いつも垂れていた胸…
ですがこれは仰向けで寝てもくっきり谷間が!(笑)
締め付け感はないのにすごいです。
えぐれていた胸の上部に肉が戻ってきました(笑)

出産して授乳で小さく垂れぎみになってきたのですが、ナイトブラを使って2日目、まだ効果は分かりませんがなんとなく上がってきたような??
今後に期待します♪

Viageビューティアップナイトブラの口コミ

女5 - コピー昔何度か似た様な商品を試しましたが苦しいか意味がないかでしたがこちらは苦しくないけど支えてくれてる感があります。寄せあげほどではないですが…。妊娠中にこの商品に会いたかった!

女1授乳で胸の形が崩れてから形気にして夜もブラつけてました。
でも胸に良くないと聞いたので試しに購入。
このナイトブラワイヤーないのに何故かしっかり支えられてすっごく楽ですー!

女8長子から4歳あいて3人年子を産み計4人の母になり膨らんだりしぼんだりを繰り返し悲しいお乳でした(´;ω;`)笑
届いてから毎日使ってます。なんとなくまぁるくなってきました。
私はいいお買い物だったと思います!

ふんわりルームブラの口コミ

女6第一印象。可愛い♪ 着用感はとても柔らかくしなやかに感じました。この手のブラを購入する事3回目ですが、着用感は1番です。 素材が柔らかく軽いので付けていて楽ですし、サイズが合い寝る時つけるならコチラの商品が良いかと思います。

女7妊娠で楽な下着を探して、ホールドもしてくれそうで購入しました。 SとMを購入しました。 お昼のお家用はs。ナイトブラにはM。 締め付け感もなく快適です。 でもホールド感はあります。 ただレビューにもあったように、わき腹の縫い目が少しちくちくします。

女4最初他社のナイトブラ購入したのですが、うまく寄ることなく微妙で、新しいのを探してこちらを購入しました。つけた時の肌さわりがよく、またアンダーを3段階で調節ができるのですごく楽で、寄せられていい感じです。いつか追加にも買おうと思います!

産後バストのブラ選び!今のブラジャーを見直そう

産後のバストは大きさがかなり変わります。

離乳食が始まって、食べる量が増えてくる頃には母乳の量が落ち着いてくるので、授乳用のブラから日常のブラに変えていきましょう。

その時は、一度サイズを測りなおし、以前のブラで使えるか確認してください。

脇や背中、お腹の方に流れているお肉もしっかりしまい込んだ状態が正しいサイズだそうです。しっかりとかき集めましょう笑

もし以前のブラのサイズがきつかったりゆるかったりしたら、形の良い美しいバストにするためのブラとしては使えません。

後の美乳のための投資だと思って、なるべく今の自分のバストに合ったブラを購入するといいでしょう。

ワイヤー入りとノンワイヤー

ワイヤー入りのブラは、ホールド力があるので日中のバスト保護に有効ですが、夜にワイヤー入りのブラをつけると、ワイヤー部分が食い込んだり、血行を悪くするので、睡眠面から見ても育乳面から見てもオススメはできません。

一方、着け心地も楽なノンワイヤーのブラを着用する方も多いかもしれませんが、ただのノンワイヤーブラだと、日常生活のバストの揺れを抑えたり、寝ている時に流れる脂肪を防ぐ力はありません。

ですが、着け心地が楽なノンワイヤーの良いところはそのままに、寝ている時の脂肪の流れを防ぎ、綺麗な形の胸にホールドしておくことができるのがナイトブラです。

授乳後の体とブラジャーの注意

授乳後のバストを保護することが、その後にバストをよみがえらせることはわかりましたが、でも授乳中のバストはとてもデリケートです。

もしかしたら、保護できるようなブラをしたら乳腺が詰まって乳腺炎になってしまうんじゃないか?という心配もあると思います。

乳腺炎になる原因は様々ですが、その中に「きついブラジャーをしている」というのも原因として考えられるようです。

でもこれはあくまで「きついブラジャー」を無理にしている場合であって、体に合ったブラジャーをしている分には乳腺炎にはなりません。

やはりちゃんと体に合ったブラジャーをすることが大切です。

そして、ブラジャーしていないとバストが垂れるのは間違いありませんから、授乳中も授乳後もブラジャーでバストを保護してあげましょう。

産後バストアップブラ選びのポイント

産後のバストアップのカギを握るブラの選び方のポイントをご紹介します。

通常、産後1か月経つくらいからボディラインづくりを始めます。これは体が元に戻ろうとする力を利用して、ガードルなどのシェイプ機能があるインナーでウエストやお腹を引き締めますが、バストは1か月くらいの時は乳腺は活発に活動している時期なので、バストを支えることを重視しましょう。

やはり大切なのはサイズの変化をチェックして自分のサイズやバストの形にあったブラジャーをするというところです。

もったいないからと、きつめのブラジャーをしていると、乳腺炎になったり、母乳の出が悪くなったり、バストの形が悪くなるなど弊害だらけですのでやめてください。

ゴールデントライアングルになってる?

鎖骨の中心のくぼんでいるところと、両方のバストトップの3か所を線で結んだとき、正三角形になっているのが美しいバストの黄金比と言われています。
bikyou

まだ授乳中真っ盛りの時は気にしなくていいですが、産後バストアップに本格的に取り組めるような卒乳前後は、ブラジャーをしたときに正三角形に近ければ近いほど、垂れていないバストの位置になります。

サイドベルトの広さは?

今のブラジャーは2段ホックくらいの細いサイドベルトが主流ですが、できるだけ幅の広いサイドベルトを選ぶようにしたほうがいいです。

というのも、細いサイドベルトだと動いたときに補整した位置よりずれやすいので補正効果が弱まりますし、脇のお肉も逃げやすくなります。

また、背中に脂肪がある場合は、脂肪が段になってすっきりした後姿になりません。

パッドの位置は?

パッドはできるだけ下の部分に厚みがあるほうが、バストを持ちあげる効果があるので下側にパッドが入っているブラジャーを選んでください。

下から外にかけてパッドが入っているものだと離れ胸を改善してきれいなバージスラインができる胸に補整していくことができるので、胸が離れ気味な人は下から外側の位置のパッドを選ぶといいでしょう。

ホールド力は?

脇や背中に流れたお肉をバストに戻し、垂れた胸を持ちあげて固定をしておくことで、美しいバストの形で脂肪が定着しますから、できるだけホールド力のあるブラジャーを選ぶようにしてください。

日中は動くとどうしてもブラジャーがずれたりお肉が出てしまうので、こまめにブラ直しをしてなるべく長い時間バストを美しい位置で固定するようにしましょう。

目的別ブラ選びのポイント

 

脇肉改善や谷間を作るなど、ブラジャーはどんなバストを作りたいかによって選ぶことができます。

自分の目的をしっかりさせたら、そのブラジャーはどんな機能を中心に作られたのかをチェックして、目的を達成できるブラを選ぶようにしましょう。

また、バストサイズの小さい人用や逆に大きい人用というのもありますので、自分の体に合うタイプのブラジャーを選ぶようにしてください。

下垂を予防するには

カップのフレームが大きくて、ホールド力のあるブラジャーがおすすめです。

できるだけはみ出した脇肉をカップの中にしまいこみ、逃がさないために脇部分のサイドベルトは幅の広いものがいいです。
    

離れ胸の予防には

パッドが下から外側にかけて入っていて、サイドベルトがなるべく広いタイプのブラジャーがおすすめです。

谷間を作る機能があるブラを選ぶと、胸が離れないように真ん中に寄せる効果の高いものが多いです。

すでに垂れている場合

リフトアップ機能のあるブラジャーを選んでください。

フロントホックのタイプだと下から持ち上げる力が強いものもあります。

デコルテをふっくらさせるように作られたブラですと、しっかりリフトアップをしてくれるでしょう。

産後のバストアップに効果あり!ブラ以外のケアとは?

産後のバストアップを成功させるブラについていろいろと見てきましたが、ブラ以外にもケアできる方法はあります。

ブラは直接的にバストに働きかけますが、内側からケアをすることも大切です。

色々なケアの合わせ技で、効率よくバストアップを成功させてください♪

やっぱり栄養は基本

バストに良い栄養は、ビタミンA、B1、B2、E、たんぱく質、大豆イソフラボン、ボロンなどですが、一番大切なのは色々な栄養をバランスよく摂ることです。

授乳中は母乳を作り出すために消費カロリーも多いですが、母乳を作る量が減ってきているのに、同じ量を食べ続けていると、カロリーオーバーで太ってしまいますので注意してください。

野菜を多くとるように心がけて、少ない量でも栄養バランスが整っているのが理想です。

冷えは大敵

産後のバストアップを成功させるには、体を冷やさないことも重要です。冷えているということは血行が悪くなっている状態です。

バストにハリがない人は、胸が冷えていることが多いです。

全身の血行が良い状態を保ち、バストにもしっかりと栄養を届けられるように工夫してください。

どうしても長年頑固な冷えに悩まされているという方は、ブラックジンジャーサプリを飲むという方法もあります。

サプリを飲むだけで体の中がポカポカになり、ダイエット効果も期待できるというサプリもあるので、上手に活用してください。

マッサージやエクササイズ

産後すぐは激しく動くエクササイズは控えて、マッサージやストレッチを行うのがおすすめです。

離乳食が始まり、栄養が母乳のみじゃなくなってきたころなら、大胸筋や小胸筋を軽く鍛えるエクササイズをしていくといいでしょう。

大胸筋を鍛えるというと、拝みのポーズ(合掌のポーズ)や膝をついた腕立て伏せなどがありますが、下の動画の体操は大胸筋と小胸筋の両方に働きかける方法です。

激しい動きもなく、ストレッチの効果もあるのですきま時間に行ってもらうのにおすすめです。

バストのマッサージをするときは、乳腺の組織を壊さないように優しくさするように行ってください。
入浴後の血行が良くなっているときに、マッサージ用のクリームを付けてリンパを流すようにマッサージをしてい来ましょう。

猫背を改善

猫背でいるとそれだけでバストが下向きになりますので下垂しやすくなりますから産後のバストアップとしてブラをつけたりマッサージをしたりと努力をしても、全て無駄になる恐れがあります。

また、猫背は胸の骨や肩の骨を歪めてしまうので、血行が悪くなる原因にもなります。

さらにはホルモンの分泌にも影響が出てしまうので、猫背を改善して正しい姿勢を維持するように心がけてください。

その他

 

全身浴

忙しくてついシャワーだけで出てしまうという女性もいますが、なるべく全身浴をして体の血行を良くし、リンパの流れもスムーズにするようにしてください。

首筋から胸にかけてをしっかり温めるとバスト周りのめぐりが良くなります。

体重を減らさないダイエット

産後は子宮が収縮し、開いていた骨盤も戻っていきます。この体が元に戻ろうとしている力を利用して、シェイプ機能のあるガードルなどでしっかりしめてボディラインを整えていきます。

食事制限をするダイエットは栄養のバランスが偏ったり、胸の脂肪が落ちやすくなるのでおすすめできません。

体重を減らすというよりも、見た目をスッキリさせる方が健康的に痩せて見られるので、見た目重視でダイエットをしていきましょう。

気になる部分のお肉が締まるエクササイズをしたり、体幹が鍛えられるような呼吸をしたり。

部分痩せのアイテムなどもあるので、体重よりも見た目を減らす努力をしてバストは維持していってください。

ノーブラの時間を減らそう

産後のバストアップには、ノーブラでいる時間を限りなく減らしていくことが重要です。

ただでさえ、重みでクーパー靭帯は伸びていますし、乳腺が小さくなってきているので逃げて流れる脂肪が増えている状態です。

ここで、どれだけバストを直接的に保護ができるか?という点が、産後のバストアップ成功か失敗かの分かれ道です。

失敗したら、小さいのに垂れているという悲しいバストになりますからね(´・ω・`)

私もそうですが多くの女性が経験している悲しいバストだからこそ、あなたのバストがそんな悲しいバストになってほしくはありません。

今、このサイトをご覧いただいているということは、あなたはとてもバストアップに意欲的で、美意識が高い方です。

しっかりと産後バストアップを成功させるために、ノーブラでいる時間をできるだけ短くする!これを忘れないでください。

就寝時はナイトブラを活用する

就寝中は開放的でいたい。

と思う多くの女性が、まだナイトブラの習慣がありません。

ちゃんとサイズが合うものを購入すれば、ナイトブラは苦しいとか締め付けられている感じはしないんですが…

基本的に就寝中はノーブラ派という方も、産後のバストアップをしているときだけでも、ナイトブラを着用するようにしましょう。

就寝中の6~7時間という間、バストを無防備な状態にし、バストについていた脂肪を垂れ流し、クーパー靭帯を守らずに伸ばしていたら、バストケアにはなりません。

美しい胸を作るためにも、就寝中はナイトブラを活用してください!

TOP3

  • Viageビューティアップナイトブラ

    1

    心地よいゴム網構造で、高い補正力を持ちながらも締め付けを感じない驚異の伸縮性を実現したヴィアージュナイトブラはとても楽な着け心地と大評判のナイトブラです。

    ナイトブラを始めて使う女性や、使ったことがあるけど苦しかったという女性はぜひヴィアージュナイトブラでナイトブラに対するイメージを一新させてください。

    着けないよりも気持ちいいと今一番人気のナイトブラですから、寝ている間にあなたの胸を美しいお椀型にし、流れる脂肪を止めてバストアップに導いていきます!

    自信を持ってお勧めできるナイトブラです!

  • ふんわりルームブラ

    2

    見た目のかわいさにテンションが上がる、レース使いの実力派なのがふんわりルームブラです。

    生地が柔らかく、パッドと前面のホックで下からしっかり支えるので、産後に下垂した胸も優しく持ち上げるナイトブラです。

    またサイドからバックはしっかり幅広のパワーネットになっていて、バストのめぐりを良くする成分が配合されているのも嬉しいポイントです。

    伸縮性はありますが、少し大きめのサイズを買うことをおすすめします。

  • 導-MICHIBIKI-

    3

    がっちりホールドするなら谷間を形状キープする導-MICHIBIKI-ナイトブラが良いかもしれません。

    特に脇肉や背肉が気になっている女性は、そのお肉をかき集めてバストアップするチャンスです。導-MICHIBIKI-も累計出荷枚数が10万枚を突破した人気のナイトブラです。

    逃がしていたお肉で谷間ができた女性も多いので、谷間を作りたい女性は導-MICHIBIKI-をお試ししてください。

産後のバストアップはブラで大成功!

産後のバストアップに欠かせないアイテムとしてブラジャーを中心にご紹介してきました。

産後に関わらず、ブラジャー次第でバストアップが可能と言われているほど、バストアップには重要なカギを握るものです。

産後はエクササイズやマッサージをがっつりやってバストアップするという方法は体力や体調面、また育児などのためにおすすめできません。あくまでストレッチや優しくさするなどのケア止まりです。

でも、ブラジャーはいつもしているものですし、バストを直接保護できるので、産後のバストアップにはブラを上手に月要することがとても大切なんですね♪

卒乳したとき、私のおっぱいの時のように、小さくしぼんで垂れさがった悲しいバストにならないよう、早めからできる範囲でバストケアをしてさん後のバストアップを成功させてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ