エストロゲンを増やすサプリの選び方!【極秘公開】モテる女が飲んでいる必勝サプリ!

女性ホルモンの中でも美人ホルモンと呼ばれているエストロゲン。

このエストロゲンを増やして女っぷりをグッと上げている女性はあなたの周りにもたくさんいます!

バストアップでメリハリのあるボディはもちろん、お肌のきめやはりなどの美容の他、精神を安定させて気持ちにも余裕が生まれるなど、モテモテ要素が詰め込まれたエストロゲンを増やす方法を大公開します!

体も心も喜ぶエストロゲンを増やして、あなたのキラメキ度をアップさせていきましょう!!

これがおすすめ!!エストロゲンを増やすサプリTOP3
  • ベルタプエラリア

    ベルタ

    エストロゲンを増やすサプリの中で、最も効果の高いプエラリアを使ったサプリです。

    エストロゲンを増やすことでバストアップをするバストアップサプリは多く販売されていますが、ベルタプエラリアは人気、売り上げ、信頼性、品質、サポート体制などどれをとっても最高クラスの、購入者の満足度がとても高いサプリです。

    口コミでの評判も良く、効果を実感する方が多いのも特徴です。

    バストアップ効果のほかにも、美容面でも効果の高い成分を贅沢に配合し、なおかつ気持ちもスッキリする成分も含むなど、総合的に女性を美しく輝かせるためのサプリになっています。

    これだけ良サプリなのに、コスパも他のプエラリアサプリと比べても良いのが嬉しいですね♪

    エストロゲンを増やしてあなたの魅力を最大まで高めるならベルタプエラリアをぜひ一度試してみてほしいです。

  • ルーナ

    ルーナx

    こちらもエストロゲンを増やすサプリで、プエラリアを使ったタイプのサプリです。

    ルーナの最大の特徴は、女性の体のリズムを考えた2種類のサプリを飲み分ける新感覚のサプリだという点です。

    卵胞期にはプエラリア、黄体期にはワイルドヤムやチェストベリーなどのハーブを配合し、ホルモンバランスを乱さないように配慮されている体に優しくエストロゲンを増やすサプリになっています。

    ホルモンバランスが乱れやすい方や、本来のエストロゲンの分泌が盛んな20代から30代前半の女性は、ルーナがおすすめです。

    しかも、ルーナには90日間返金保証がついているので、もし効果を実感できなければ返金してもらえるのも大きなポイントで、「体に合わなかった」とか「飲んでも何もなかった」などの場合の金銭的リスクが無く試せるのも大きな魅力です。

  • 発酵キレイ・デ・プラセンタ

    発酵キレイ・デ・プラセンタ

    こちらはエストロゲンを増やすサプリの中で、プラセンタを使ったタイプのサプリです。

    プラセンタの魅力は、体に一切の無理をかけないで女性ホルモンのバランスを整え、エストロゲンを増やしていく点です。

    またプラセンタは更年期治療の注射にも「プラセンタ製剤」として使われているほど、効果がしっかりしたものなので安心して飲んでいただけます。

    発酵キレイ・デ・プラセンタは、人気や満足度も非常に高い、体への吸収を考えた、本格派の実力を持つ、自信を持ってお勧めできるプラセンタサプリです。

    プラセンタは美肌効果も非常に高いため、エストロゲンを増やすだけじゃなく、美しい肌と健やかな健康のためにも女性にうれしいサプリです。

    以前にバストアップサプリで効果を感じられなかった方や、更年期の予防・改善をしたい方、プエラリアサプリに不安のある方はプラセンタサプリである発酵キレイ・デ・プラセンタがおすすめです。

エストロゲンにはどんな効果がある?

女性ホルモンには
・エストロゲン
・プロゲステロン

の2種類があります。

エストロゲンは、生理が終わってから排卵までの卵胞期に多く分泌されるホルモンで、「美人ホルモン」とも呼ばれていて、女性を美しく輝かせる働きがあります。

エストロゲンの効果は、女性らしい体を作るホルモンなので、乳腺を増殖させるバストアップの効果やコラーゲンやヒアルロン酸を生成してきめの整ったお肌にする美肌効果、髪に艶と潤いを与える効果などの美容効果を始め、400種類もの作用を体に及ぼしている重要なホルモンです。

プロゲステロンは排卵後から次の生理が始まるまでの黄体期に多く分泌されるホルモンで、妊娠を助けるホルモンとして、受精卵の着床をしやすくしたり、乳腺を発達させたり、妊娠した場合は継続させるために大活躍するホルモンになります。

エストロゲンとプロゲステロンは、それぞれの時期に多く分泌され、生理周期を作っていますが、お互いにバランスが取れた状態がBESTになります。

更年期とエストロゲンの関係

エストロゲン分泌量

このように、40歳を過ぎたころから閉経までの間に、エストロゲンは卵巣機能の低下によって急激に減少します。

エストロゲンが減少すると、エストロゲンの分泌を命令する脳の視床下部から卵巣へエストロゲンを分泌するように刺激ホルモンが出されますが、脳と卵巣の連絡がうまくいかなかったり、卵巣機能低下でエストロゲンが分泌できないと、ホルモンのバランスが乱れます。

脳の視床下部は自律神経も司っているため、ホルモンのバランスが崩れると、自律神経のバランスも乱れてしまい、体が不調になります。

更年期障害に、自律神経失調症と同じような症状が出るのは、このように女性ホルモンと自律神経が密接な関係にあるからなんですね。

エストロゲンが減少するとどんな症状が出るの?

エストロゲンが減少すると出る症状ですが、

  • 無月経や月経不順、月経前症候群の悪化
  • イライラや過度の不安などの精神不安定
  • 頭痛やのぼせ、ほてりや発汗などの体調不良
  • 動脈硬化などの血管系疾患のリスクが上がる
  • 骨が弱くなり骨密度が減り骨粗しょう症になりやすくなる

などなど、性、心、体に大きな不調が現れ、そのまま放置しておくと勝手に回復する望みは低いので、不調が数年にわたるなど長期化する可能性が高いです。

エストロゲンを増やすサプリとは?

エストロゲンは体の中で作られるホルモンですが、年齢や不規則な生活、食生活の乱れ、大きなストレスなどで、分泌量が減りやすいホルモンです。

女性の美容にも非常に良いホルモンなので、「エストロゲンをしっかり分泌させたい」「エストロゲンを増やしたい」と思う女性がとても多いのもわかりますが、エストロゲンを増やすことはできるんでしょうか?

エストロゲンが減少する原因を取り除いて、規則正しいストレスフリーな生活をすればまた女性ホルモンは分泌されるようになりますが、年齢による場合や生活を見直すのが難しい場合、ストレスがうまく解消できない場合などはエストロゲンの分泌を増やすことは難しいです。

でも安心してください!

実は自然界にはエストロゲンと非常に分子構造が似ている成分というのが存在します。

ホルモンは通常、体の中にあるそのホルモン専用の受容体と結合して始めて作用することができますが、分子構造が似ている成分は、エストロゲンの受容体に結合することができるのでエストロゲンと同じ作用をすることが可能なんです。

これをエストロゲン様作用といいます。

そして、エストロゲンと同じ作用ができる植物の成分を植物性エストロゲンと呼び、体内で減少したエストロゲンを補うことができます。

研究の結果、植物界には多数の植物性エストロゲンが存在していることが分かっており、それらの成分を抽出し加工することでサプリメントとして植物性エストロゲンを摂取できるようになっています。

エストロゲンを増やすサプリの成分と効果

それでは、エストロゲンを増やすサプリとして植物性エストロゲンを持った成分とその効果をご紹介していきます。

【プエラリア・ミリフィカ】

タイやミャンマーの一部に生えているマメ科クズ属の植物です。
現地では古来から根の部分を食品として食べる習慣がありますが、現地の村の女性が特別女性らしい体つきをしていることと色白なところが注目され、研究され更年期障害の軽減やホルモン置換療法の効果が期待できることが分かっています。

また、イギリスの学術誌でプエラリアに含まれている「プエラリン」は美乳効果を持つ成分が多く含まれると発表されています。

プエラリアにはエストロゲンを活性する成分(ゲニステイン、ダイゼイン)と、植物性エストロゲン(エストロールやデオキシミロエステロール)が含まれているのでエストロゲンを増やす成分としてはかなり効果の高い成分です。

【大豆イソフラボン】

最も有名な植物性エストロゲンが大豆イソフラボンでしょう。

大豆イソフラボン(ゲニステイン)の化学構造式がエストロゲンの化学構造式とよく似ているので植物性エストロゲンとして働くことができます。

女性ホルモンといえば大豆イソフラボンといっても良いくらいポピュラーですが、じつは大豆イソフラボンを植物性エストロゲンとして活用できる日本人女性は約50%です。

大豆イソフラボンを腸内細菌が分解して始めて植物性エストロゲンとして働けるんですが、この腸内細菌を持っていない女性が2人に1人いるということです。

【エクオール】

大豆イソフラボンを腸内細菌が分解したあとの成分がエクオールです。

エクオールになって初めて植物性エストロゲンとして作用することができます。

最近では腸内細菌を持たない女性のために、エクオールをサプリとして販売されています。

【プラセンタ】

哺乳類の胎盤から抽出できるエキスです。

胎盤には赤ちゃんを育てるために非常に多くの栄養が詰まっているのでそれだけでも豊富な栄養ですが、注目されているのは成長因子というものが含まれている点です。

成長因子の説明は長くなるので、詳しくは「プラセンタの効果や効能」をご覧ください。

プラセンタは体内に入ると骨盤に働きかける役割があり、女性ホルモンの分泌を促します。

また、ホルモンのバランスを整える効果や造血の作用があるので、足りない女性ホルモンの分泌を促し活性化させることができます。

【マカ】

マカは非常に多くの栄養が含まれるスーパーフードですが、マカに含まれているアミノ酸やミネラルに、性ホルモンを整える効果があるため、減少したエストロゲンの分泌を促す効果が認められています。

また、エストロゲン様作用をする植物エストロゲンも含まれているので、更年期障害の改善などの効果を期待できます。(特にイライラなどの精神的症状の改善)

ただ、マカがうまく作用しない女性もいるそうですので注意が必要です。

【ローヤルゼリー】

ローヤルゼリーは言わずと知れた栄養豊富な食品ですが、なかでもローヤルゼリーにしか含まれない”デセン酸”や、”アセチルコリン”という成分があります。

この”デセン酸”や、”アセチルコリン”は体内でエストロゲン様作用をする成分に変化するためエストロゲンを増やすのと同等の効果を得られます。

やはり更年期障害の改善に効果の高い成分としても知られています。

【ホップ】

お馴染みのビールの原料になる植物ですが、生薬やハーブとして民間薬として用いられています。

ホップの成分であるイソキサントフモールが植物性エストロゲンの作用をすることが分かっています。

【ザクロ】

ザクロにも植物性エストロゲンの成分が含まれていることで注目されました。

ただ、皮や種に含まれているので微量で、ザクロのジュースなどにはエストロゲンはほぼ含まれていないそうです。

消費者センターでも調査が行われて、ザクロのジュースなどが一時問題になりました。

【ブラックコホシュ】

アメリカに生息するハーブで古くから婦人病に効果のある民間薬として使われていました。

成分としてイソフラボンが含まれていることから植物性エストロゲンの作用を持っています。

ただし、肝機能に障害のある人が飲むと、異常な疲労感に襲われる場合があります。

【 レッドクローバー】

大豆イソフラボンの10倍とも言われるイソフラボンの植物性エストロゲンを持っているほか、様々なイソフラボンを含んでいるのでイソフラボンの複合効果も期待されている植物です。

レッドクローバーのイソフラボンは吸収率が高いことが知られています。

エストロゲンを増やすサプリで最強な成分はプエラリア!

エストロゲンを増やすサプリには色々な成分があることが分かりましたが、その中でも高い効果を持っている成分はプエラリア・ミリフィカです。

プエラリアにはエストロゲンを活性化する成分と、エストロゲン様作用をする成分がダブルで含まれていて、さらにプエラリンという美乳効果がある成分(大豆イソフラボンにはほとんどないそうです)があることが分かっています。

バストアップサプリに多く使用されているのは頷けますね。

プエラリアの植物エストロゲンはミロエストロールやデオキシミロエステロールという成分ですが、効果が強く、大豆イソフラボンの40倍と言われています。

エストロゲンを増やすサプリとして最強な成分はプエラリアになります。

エストロゲンを増やすサプリに副作用ってある?

プエラリアはタイの現地でも昔から食べられている食品ですので、副作用などの問題はないとされています。

ただネット上では、「プエラリアは危険」という文字を見かけますので、エストロゲンは増やしたいけどプエラリアは不安という方もいらっしゃると思います。

確かにプエラリアはエストロゲンを増やす効果が高いので、副作用が心配されるのかもしれませんが…

結果から言うと、プエラリアのサプリに関しては副作用の心配をすることはありません。

ただ、バストアップのためにサプリを飲んでいる場合など、効果が感じられると人間の心理として「もっとたくさん飲めばもっと大きくなる(ハズ)」と働いてしまいます。

あと「たくさん飲めば早く大きくなる」と思ってしまう場合もあるでしょう。

日本においては特定保健用食品に含まれる植物性エストロゲン摂取量の上限が決めれらていて

大豆イソフラボン(アグリコン換算値) 30mg/日

となっています。

同様にプエラリアの原産国のタイでは

プエラリア・ミリフィカのサプリメント 100mg/日
食品としてのプエラリア・ミリフィカ  200mg/日

と規定されています。

日本ではプエラリアに対して摂取量は明確に規定されていませんが、

副作用の危険性が高くなるので1日に400mgを超えないほうが良い

と言われているので、プエラリアのサプリは含有量や粒数で調整されています。

これはもちろんプエラリアに限ったことではなく、大豆イソフラボンだって1日の摂取量より多く飲めば副作用が出ますし、ビタミン類だって過剰摂取することによる副作用があります。

エストロゲンを増やすサプリのプエラリアに副作用があるのではなく、1日の摂取量を超えて摂取することによって副作用が出てしまうということです。

プエラリア VS ???

植物性エストロゲンを持つ成分として効果の高いプエラリアですが、同じような作用を持つ成分とどちらを選んだほうが良いのか迷ってしまうと思います。

今回はプエラリア対大豆イソフラボンと、プエラリア対プラセンタでどちらを選ぶと良いのかご紹介します。

 

プエラリアと大豆イソフラボンはどちらが良い?

バストアップの効果が目的であれば、断然プエラリアになります。

  • プエラリアは大豆イソフラボンよりも40倍効果が高い
  • プエラリアのプエラリンには美乳効果がある(大豆にはない)

この2点を考えてもプエラリアですが、もしかしたらあなたの腸内に大豆を分解して植物性エストロゲンを産生する細菌がいないことも考えられます。

何となく普段から体調が悪いので改善したいということならエクオールだったら飲んでもらって効果があるかもしれませんが…

バストアップ効果や美肌効果などの美容目的であれば、プエラリアを選んだほうが良いです。

プエラリアとプラセンタはどちらが良い?

エストロゲンを増やすことが目的で飲むサプリならプエラリアです!

プラセンタはサプリがエストロゲンと同様の効果があるわけではなく、体に働きかける作用の中で卵巣にも働きかけるのでエストロゲンの分泌を促進させることができるという効果になります。

しかし、エストロゲンにはお肌にも良い美容効果がありますが、高い美容効果を目的としたり、生理不順の改善などを目的とした場合はプラセンタがおすすめです。

プラセンタはホルモンのバランスを整える効果があるので、すでに更年期の症状が出ている場合はプラセンタの方が良いかもしれません。

プエラリアとプラセンタは作用のし方が少し違うため、あなたが何を目的にしたいか?によって使い分けてもらうと良いでしょう。

エストロゲンはサプリで増やすのが効果的!

手軽に手っ取り早くエストロゲンを増やすならサプリを上手に使うことがおすすめです。

本来、体の栄養は食品から摂るのが一番理想的ですが、大豆イソフラボンは2人に1人が分解できませんし、プエラリアはタイが国で輸出に規制をかけているので食品として入手することはできません。

その他のハーブ類なども、苦かったりにおいがきついなど飲みにくいので食品から自然に摂取するにはちょっと無理があるんですね(´・ω・`)

エストロゲンを増やすのにサプリがおすすめな理由

健康に対する意識の高まりとともに、サプリメントの研究や製造などが驚異的なスピードで進化してきました。

十分な効果を得られる量を摂取するなら、エストロゲンはサプリで増やすのが効果的な方法になります。

特に、エストロゲンの効果は一瞬だけ効果があればよいものではないです。

いつまでも美肌でいたいし、バストアップだって維持を含めて長い期間を必要とします。

長く継続することが必要なものは、手軽に摂取できないと継続しにくいので、そのためにもサプリがおすすめになります。

おすすめできるエストロゲンを増やすサプリTOP3はこちら♪

エストロゲンを増やすサプリのメリット・デメリット

エストロゲンを増やしたい目的は人によって微妙に違ってくると思います。

今回はバストアップの目的と更年期障害緩和の目的でメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

バストアップ目的のメリットとデメリット

【メリット】

手軽だから続けやすい
体調に合わせて飲む量を減らすことができる(増やすのはダメ)
時間を取らないので忙しくてもケアできる(エステは時間が必要)

【デメリット】

サプリ代がかかる
自分でケアを意識する必要がある

更年期目的のメリットとデメリット

【メリット】

病院に行く時間がかからない
先生との相性などに悩む必要がない
手軽に症状を改善する可能性が高い
食品の栄養から摂る手間がない
 
【デメリット】

重症の場合はサプリより病院へ行く必要がある
即効性は期待できない
必ず効果があるとは言い切れない

エストロゲンを増やすサプリで得られる効果一覧

エストロゲンを増やすことによって得られる効果をまとめます。

バストアップ効果

エストロゲンの大きな働きは女性らしい体つきを作る作用です。

特にバストに関しては、乳腺を増殖させる作用があり、胸を大きくする効果があります。

しっかりとした乳腺組織があるバストは、垂れにくく、形も綺麗なバストになります。

エストロゲンを増やすと胸が大きくなるメカニズムとは?

エストロゲンを増やすと胸が大きくなるメカニズムですが、バストの構造をおさらいしましょう。

バストの大切な組織である乳管や乳腺葉、クーパー靭帯などの乳腺組織があり、その大切な乳腺組織を守るために脂肪がついています。

その割合といったら、乳腺組織が1割で脂肪が9割。

エストロゲンは乳腺を増殖させる働きがありますから、乳腺組織が増えるとそこに脂肪がついて乳腺を守ります。

単純計算で考えると、乳腺組織が2になれば脂肪が18になるということなんですね。

エストロゲンで乳腺を増殖させると脂肪がつくから胸が大きくなっていくというメカニズムになっています。

美肌効果

お肌と女性ホルモンはとても密な関係にあります。

エストロゲンが減少するとホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンやプロゲステロンが優位になります。

プロゲステロンは別名”ブスホルモン”とも呼ばれて生理前に肌トラブルが起こりやすいのはプロゲステロンの影響によるものです。

また、男性ホルモンは皮脂の分泌を増やしたり、角質層を厚くしてしまう働きがあるため、皮脂が毛穴に詰まりニキビができやすくなってしまいます。

エストロゲンは皮脂の分泌を抑える効果があるため、ニキビができにくいお肌に改善してくれます。

また、お肌の弾力に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を増やす作用もあるため肌のきめが整いハリのあるお肌にしてくれます。

更年期症状の改善・予防効果

更年期障害は40代半ばころから閉経にかけて卵巣機能が低下することによってエストロゲンの分泌量が急激に減少することによってホルモンバランスが乱れて現れる症状です。

エストロゲンを増やすサプリを飲むことで、植物性エストロゲンが減少したエストロゲンの代わりを果たすので急激な減少に伴うホルモンバランスの乱れがおきにくくなります。

だから、エストロゲンを増やすことは更年期障害の予防や改善が期待できるわけなんですね♪

臨床実験でも、植物性エストロゲンは更年期障害の症状の改善効果があるという結果が出ています。

更年期障害は通常40代中頃から起こりますが、最近ではストレスや生活習慣の乱れから30代や20代でも更年期障害の症状が出る人もいるというので注意が必要です(若年性更年期障害)

体毛が薄くなる効果

体毛が濃いことに悩んでいる女性に朗報です!

体毛は男性ホルモンが影響していて、男性ホルモンのテストステロンがムダ毛や体毛が濃くなる原因になっています。※女性も微量の男性ホルモンが作られています。

普段から体毛が濃い女性は、テストステロンの影響を強めに受けています。

しかしエストロゲンの働きが強まると、テストステロンの働きを弱めるためムダ毛が薄くなる効果があります。

おすすめできるエストロゲンを増やすサプリTOP3はこちら♪

エストロゲンを増やすサプリQ&A集

エストロゲンを増やすサプリに関するよくある疑問や注意点をQ&A方式でご紹介していきます。

サプリを飲む最適なタイミングは?

サプリは薬ではないので基本的にいつ飲んでもかまわないんですが、せっかく飲むなら少しでも効果的に飲みたいと思いますよね♪

プエラリアのサプリの場合は、空腹時に飲むと体への吸収が高まると言われていますので、朝一番に飲むのも効果的です。

でも、ホルモンは基本的に夜の就寝中に分泌されていることと、睡眠中も吸収力が高まることから寝る前に飲むのも効果が高いです。

ベストは朝と寝る前に分けて飲むのが最も効果的です。

ちなみにプラセンタサプリの場合は、寝る2~3時間前にまとめて飲むが最も効果の高い飲み方です。

サプリを飲む効果的な時期は?

プエラリアが配合されているエストロゲンを増やすサプリの場合は、ホルモンバランスを乱さない点で考えると、できれば卵胞期の間だけ飲むのが望ましいです。

基礎体温が低い間ですね。

基礎体温をしっかりつけている女性はわかりやすいですが、つけていない場合はわかりにくいので、生理が終わったら2週間飲み続けて、あとは生理が終わるまでお休みするといいでしょう。

ただ、黄体期もエストロゲンは少量ですが分泌されていますし、サプリを製造している会社も1か月を通して飲めるように計算して配合されていますので、毎日飲んで得に体調が崩れなかったら毎日飲んでも大丈夫です。

サプリを選ぶときのポイントは?

サプリは成分が重要なので、原料の品質と安全な製造をしているか?に注目しましょう。

プエラリアだったらタイ国の厚生両認定ランクをチェックします。AAAランクを取得しているものなら品質の良いプエラリアが使われています。

またタイの研究機関と提携しているかもポイントになります。

プラセンタだと馬の胎盤を使った馬プラセンタがおすすめです。

どちらにしても、販売ページを見て、品質や製造に関する会社の強いこだわりが書かれているかを確認してください。※こだわりが感じられないような商品は選ばない

アレルギーがあるけど飲んで大丈夫?

プエラリアもプラセンタも成分が単独で入っているサプリというのは少ないです。

他の美容成分や有効なハーブが配合されている場合が多いため、成分表を見て自分のアレルゲンが入っていないかを確認してください。

それでもよくわからなかったり不安な場合は、お問い合わせから質問するとサポートの対応がわかりますし、通常は丁寧な対応であなたのアレルギーに問題がないかどうかを確認してくれます。

アレルギー反応が出てしまったらもう飲めなくなってしまう場合もあるので、ご自分にアレルギーがある場合は問い合わせに確認すると良いですね!

サポートや返金について

先ほどのアレルギーもそうですが、これから飲み続けていくうちに、

ちょっと体調が変わった?
なかなか効果が出ないけど大丈夫?
これは…副作用なの?

などなど色々な疑問が出てきます。

不安を我慢して飲み続けているよりも、サポートを利用できると精神的にも違ってきますし、安心して飲めるので継続することが苦になりません。

サポートセンターやコールセンターなどのお問い合わせがしっかり対応してくれるところを選ぶと良いです。

返金制度についてはついていると嬉しいですよね♪

飲んだら発疹や蕁麻疹が出て体に合わなかった!
数か月飲んだのに、全く効果のこの字も感じられない!

そんな時に使える制度が全額返金保証です。

全く効果がなかった場合に、お支払いいただいた金額を全額返金しますという制度なので、安心して飲み始めることができますし、金銭的なリスクが無くなります。

返金保証を使うときは、一定のお約束が定められていますので、最初に注意事項はチェックしておきましょう。

サプリを飲んではいけない人は?
  • ホルモンの分泌が安定していない20歳未満の人
  • 妊娠中・授乳中の人
  • がんの治療をしている人
  • 治療などでホルモン剤を服用している人
  • イソフラボンのアレルギーがある人

授乳中はエストロゲンを摂ると母乳を作るホルモンの作用を打ち消して母乳が出なくなることが考えられます。

産後のケアは卒乳してから行ってください。

サプリは食品に分類されるため基本的にはあまり過敏にならないで良い場合が多いですが、エストロゲンを増やすサプリの場合は、病気や治療法、使用している薬によっては、働きを倍増させてしまったり効果を打ち消してしまうなどホルモンに大きな影響を及ぼしてしまいます。

何らかの治療中の場合は医師に相談するか、治療が終わるまでサプリはお休みしておいてください。

副作用が出たときはどうする?

初めてエストロゲンを増やすサプリを飲んだ方や、その時の体調やストレスの度合いなどによっては、「副作用?」と思える体調不良が出る恐れがあります。

もちろんその体調不良の重症度にもよりますが、ちょっとした不調であれば1日に飲む量を減らして様子を見てみましょう。

サポートセンターに相談するのも良い方法です!

  • 飲み始めてどれくらいたっているか
    どんな不調が出ているか
    不調が出てから何日目か
  • など、現在の状況をなるべく細かく知らせる方が的確な答えをもらえるので、メモをしてから電話してみると良いです。

    不調が重症な場合は早めに病院で診てもらってください。

    男性が飲んでも効果はあるの?

    実はけっこう効果を感じる男性がいるようです。

    もちろんエストロゲンを増やすサプリで女性化するほどの効果はありませんが、筋肉が落ちて女性っぽい体つきになったり、皮脂の分泌を防いでお肌のきめが整って綺麗になったという男性もいます。

    肌の代謝が良くなって色白になる場合もありますし、男性ホルモンが抑えられて体毛が薄くなったという男性も多いようです。

    おすすめできるエストロゲンを増やすサプリTOP3はこちら♪

    エストロゲンを減らさないためには?

    私たちは知らないうちに日々の生活の中でエストロゲンが減少してしまう行動をとってしまったり、エストロゲンが減少するような環境にいたりすることがあります。

    また、サプリを使わなくても、日々の生活習慣を変えることでエストロゲンの分泌をしやすくし増やすこともできます。

    エストロゲンを減らさないためには、エストロゲンを増やす生活を心がけることが重要です。

    サプリ以外でエストロゲンを増やす方法をご紹介していきます。

    サプリ以外でエストロゲンを増やすセルフケア5選

    年齢によるエストロゲンの減少は生活習慣で止めることはできませんが、そのスピードを緩やかにすることは可能です。

    エストロゲンを増やすサプリを上手に使いながら対策をしていくことで、不快な症状が改善することができますし、バストアップにも効果的です。

    バストアップには、この生活習慣のほかにバストアップエクササイズなどを取り入れると効果が倍増します。
    エクササイズに関しては「バストアップが超簡単に!見逃すと後悔する胸を大きくするテクニック集」を参考にしてください(^^)

    エストロゲンを漢方で増やす

    プエラリアやプラセンタは直接的にエストロゲンを増やすことができますが、じつは漢方では直接的にエストロゲンを増やす効果のあるものは無いんですね(´・ω・`)

    ただ、エストロゲンが減少したことによる不快な症状や更年期障害の症状などは

      当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):頭痛やめまい、冷えの改善
      加味逍遥散(かみしょうようさん) :不眠、不安やイライラの改善

    このように改善する漢方がありますので、専門家に相談をしてみるといいかもしれません。

    なるべく出ている症状を詳細に伝えると、あなたの心や体の症状に合わせて考えてもらえます。

    エストロゲンをツボ押しで増やす

    エストロゲンの分泌量を増やす効果があるツボは、ずばり「てんけい」というツボです。

    てんけい

    これは横から見たところで、てんけいのツボは両方にあります。

    ツボの押し方は、親指をツボにあて、息を吐きながらグーッと押していきます。
    3~5秒押したら力を抜きます。これを5回繰り返します。

    食事でエストロゲンを増やす

    食事でエストロゲンを増やすには、栄養の偏りがないように5大栄養素をまんべんなく摂ることが基本です。

    ダイエットをしていると、肉を控えたり、脂質を摂らなかったりしてしまいますが、エストロゲンの原料は脂質(コレステロール)なんですね。

    ホルモンはアミノ酸からできているものとコレステロールからできているものがあります。

    女性ホルモンや男性ホルモン、ストレスと闘うホルモンなどはコレステロールが原料となっていますので、脂質を摂らないとエストロゲンは作れません。

    過剰に摂る必要はありませんが、できるだけ良質な資質を摂るように心がけましょう。

    また、肉類にはタンパク質が豊富に含まれています。

    また卵巣の働きを良くする栄養はビタミンや鉄分などがありますから、重要なのは色々な栄養をバランスよく摂取することです。

    良質な睡眠でエストロゲンを増やす

    様々なホルモンは就寝後の3時間に活発に分泌されます。そして夜の10時から夜中の2時がゴールデンタイムと呼ばれるホルモン分泌タイムです。

    この時間はしっかりと良質な睡眠をとることでエストロゲンがしっかりと分泌されます。

    また、寝不足などは自律神経のバランスが乱れる大きな原因になります。

    自律神経のバランスが乱れると女性ホルモンはダイレクトに影響を受けるのでエストロゲンの分泌が弱まります。

    ゴールデンタイムをしっかり活用できるように早めに寝る習慣をつけて行きましょう。

    ストレス解消でエストロゲンを増やす

    ストレスを感じると、私たちの体はストレスに対抗するためにコルチゾールという抗ストレスホルモンを分泌します。

    この抗ストレスホルモンは女性ホルモンと原料が同じなので長くストレスにさらされていると女性ホルモンが作れない状態になることがあります。

    またストレスがかかっているときは自律神経にも大きな圧力がかかるのでバランスを保つのが難しくなります。

    全てのストレスを解消するのは難しいかもしれませんが、とても好きなことを作っておいたり、たまには自分のためにお金や時間を使うなど、幸せと思えるご褒美をあげることが大切です。

    幸せを感じると脳内でセロトニンが分泌されるので心の安定に繋がり、自律神経が整いやすくなります。

    体を温めることが基本です!

    最近では夏でもクーラーの影響で体が冷えている女性が増えてしまっていますが、体の冷えは女性にとって大敵なんですね(´・ω・`)

    体が冷えると血液も冷たくなり、冷たい血液が臓器を通ることでその機能が低下します。

    卵巣も同じで、卵巣が冷やされてしまうので機能が低下して女性ホルモンを分泌できなくなってしまいます。

    また、もし女性ホルモンが分泌できたとしても、冷たい血液は流れが非常に悪いので、ホルモンや栄養を必要なところに運べなくなってしまいます。

    体が冷えている女性は年齢に関係なく、若くても更年期障害の症状が出ることがあるので体は暖めるように心がけてください。

    クリニックケア~更年期の治療ってなにをするの?

    エストロゲンが減った結果、不快な症状が現れた場合、病院で治療を受けるという方法もあります。

    症状が重度だったリ、不快な症状が長く続くようなら一度受診をしたほうがいいかもしれません。

    病院では、生理に関する細かい問診をしたうえで、更年期障害が疑われると血液検査をして血液中の女性ホルモンの量を確認します。

    その結果で
    ホルモン補充療法(HRT)
    漢方による療法
    カウンセリングによる症状の改善
    生活習慣の改善アドバイス

    といった治療を行っていきます。

    ホルモン補充療法の中に、飲み薬や貼り薬でエストロゲンを補充したり、プラセンタ製剤を注射するといった方法でエストロゲンや場合によってはプロゲステロンを増やしていく治療を行います。

    病院に行かなきゃいけないくらい症状がつらいという状況は、本人はもちろんですが、周りの家族も暗い気持ちになってしまいます。

    お母さんの更年期障害が原因で、家庭内がぎくしゃくし家族仲が悪くなることも多いです。

    セルフケアに気を使うだけでは年齢による卵巣の機能低下は止められませんが、サプリを上手に使うことで症状を軽くしたり予防することができますので、ぜひ早めからケアをすることを考えてください。

    おすすめできるエストロゲンを増やすサプリTOP3はこちら♪

    エストロゲンを増やすサプリを上手に使って魅力的な女性に!

    女性にとって、女性ホルモンが正常に分泌されていてバランスが取れていることがどんなに体にも心にも大切かということが分かりましたね!

    年齢によってエストロゲンが減少してしまうことを止めることはできませんが、できればいずれ来る「更年期障害」で苦しみたくないと思っているはずです。

    また、バストアップは成長期の10代や20代しかできないか?と思われがちですが全然そんなことは無く、30代でも40代でも50代でも可能です!

    バストをしっかりケアして、エストロゲンを増やすサプリを上手に使うことでハリのあるバストを維持し輝く魅力的な女性でい続けている女性はたくさんいらっしゃいます。

    …そういう女性は、こっそり(?)こういうサプリを上手に使っています笑

    エストロゲンを増やすことは、更年期障害の症状を改善したり予防することであなたと、家族みんなの笑顔を守れますし、女性としてバストアップして魅力的に居ることができる、まさに1サプリで2つも3つも良いことがあります。

    あなたも周りも幸せになれるので、ぜひあなたに合うサプリを見つけてもらいたいと思います!!

    おすすめできるエストロゲンを増やすサプリTOP3はこちら♪

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ